スマートフォンについて

スマートフォンユーザーも増えてきた。

もちろん、従来の携帯電話を使っている人もいる。

両方を兼用している人もいる。

自分はスマートフォンのみを使用している。

従来の携帯電話を持つ必要ができれば、そうするつもりだけど今のところ予定はない。

従来の携帯電話を使い始めたのは、我が家では私が最初だった。

携帯電話を使い始めて、仕事も始めたからそういう意味ではちょうどよかったのかもしれない。

今は仕事をやめてしまっているので、スマートフォンの実でも不自由はしないということ。

スマートフォンを持っていると、時々「使いこなせてる?」などと質問されることがある。

「使いこなせる」という自信のもとに、購入したのでこの質問は本来「ぶしつけ」だと思う。

親しくしている相手ならともかく、子どもが同じ学校に通っている縁で知り合っただけの人だったから。

将来的には親しくなれる可能性もあるとは思うけれど、この質問をされた時点で「ない」と思った。

自分的には、十分「使いこなせて」いると思っている。

人によって考え方は違うと思うから、周囲がどう思っていようと構わない。

自分が「便利」だと思っているから、使い始めたのだ。

多少「不便」に感じることもあったけれども、慣れてしまえば些細なことだ。

ちなみに多少「不便」と思ったのは、携帯電話を使っていたころのように、「着うた」「着メロ」がダウンロードできなくなったこと。

キーボードではなく、タッチパネルになったこと。

スマートフォンから携帯電話用のサイトを見られるのは、ごくわずかだということ。

メアドを交換するときに、こちらでバーコードを作成するか、メモを渡さないといけないこと。

身近な知り合いで、同じ機種(つまりiPhone)を使っている人がいないことだ。

今では、タッチパネルの「キーボード」や、「フリック入力」にも慣れてきた。

もっとも自分は、「フリック入力」はあまり使っていないが。