光サービスのセールス電話

我が家は「フレッツ光」を契約している。

なので、「コミュファ」からセールス目的の電話が頻繁に入る。

最初は「契約する気はございません」ときっぱり断っていたが、あまりにも頻繁にかかってくるので、最近は相手が名乗ったとたん、無言で電話を切らせていただいている。

セールスの目的は「乗換」なのだろう。

向こうも仕事だし、お客を取りたいのはわかる。

けれども、かかってくるたびにこちらは断っているのだから、いい加減にあきらめてほしいものだ。

迷惑電話として、しかるべきところに「通報します」とでも言ってみようか。

光にするまでは「光にしませんか?」という電話がかかってきていた。

光にしたら今度は、「業者を乗り換えませんか?」という電話。

選択権はお客にあるはずだろう?だったら、断られたら速やかに次をあたるべきだと思う。

断られても断られても、しつこくかけて最後には契約が取れると思っているようだが、ほかの人はともかく、私には「逆効果」だ。

かけてくれば来るほど、いや気がさしてきて、無言で電話を切ることになる。

契約する気もないのに、話を聞くのは時間がもったいないので。

今度は番号を2階に確かめに行って、0120で始まる番号だったら、無視しようと思う。

0120で始まるのは、セールス目的の電話だとわかっている。

いちいち2階まで行くのが面倒なのでつい1階で取ってしまうのだが、子機だと番号が出てこない。

我が家の電話はもう古いので、子機に番号が出なくなってしまった。ナンバーディスプレイなのに!!

セールス目的の電話は、相手が出るまでしつこく鳴らすので、番号を確かめるために2階へ移動しても、鳴り続けているはずだ。

確かめてから(2階の本体にはちゃんと番号が出る)、出る出ないを決めればいいのだ。

セールスはあまり夜遅くはかけてこないので、8時を過ぎていれば普通にとっても大丈夫。

光サービスに限らず、セールス目的の電話は、相手が話を始める前に、きっぱり断っている。

電話で話しただけで、顔も知らない相手と契約を結ぶほど、お客も馬鹿ではございませんが。