電子書籍と紙の書籍

電子書籍は便利だと思う。私も持っている。

けれども、紙の書籍はなくなってほしくない。

図書館や書店も。

図書館や書店を歩き回る楽しみはなくしたくないと思う。

電子書籍はネットで購入する書籍だ。

図書館で借りることもないし、書店(実店舗)で売っているわけでもない。

ネットを利用しない人は、図書館で本を借りたり、書店(実店舗)で購入する。

もちろん、紙の書籍をネットで購入する人もいると思う。

電子書籍であるメリットもあれば、デメリットもあると思う。

紙の書籍のように、折り曲げることができない。

電子書籍は、専用のリーダーやスマートフォン、タブレットで読むものだ。

読んでいる途中で眠ってしまったら、バッテリー切れを心配しないといけない。(笑)

だからこそ、電子書籍という便利なものを利用しつつ、紙の書籍も私は手放すことができないのだ。