歩きながらのスマートフォン等の使用について

歩きながらスマートフォンもしくは携帯電話を操作している人を良く見かける。

大変危険な行為だ。

もちろん、本人は気をつけているのだろう。

だが、すれ違う人にとっては、そんなことはわからない。

自分はスマートフォンを操作するときは、安全なところに移動して立ち止まって操作している。

歩きながら操作なんて器用なことは自分にはできないので。

人の多い歩道を歩いているときとか、横断歩道をわたりながらとか、どうして移動しながらいじりたいのか?

また誰かと食事をしながら、スマートフォンなどをいじっているのはちょっと相手に失礼では?

食事はながらでするものではないし、まして相手がいる場合は、相手とおしゃべりしながら食べる方が楽しい。

目の前にいる相手と無言でやり取りするのも、なんだか寂しい。

便利なものは使っても良い、でも便利さに使われているのはいかがなものか?

歩いているときは、スマートフォン等をいじるよりは、空を見上げたりすると気持ちがいい。

自分は犬の散歩のときは、カメラを持っていくことはあるが、スマートフォンは持っていかない。

スマートフォンを歩きながら使っていて、なおかつ犬のリードを持っている人を見かける。

犬は楽しいのかな?と思う。

スーパーとかで買い物メモを見る代わりに、スマートフォンの画面を見るのは良いが、歩きながらはやはりやめたい。

車いすの人もいれば、年寄りの人もいる、場所もわきまえず走り回る子どもたちもいる。

もっと周りの状況を見て、スマートフォンを操作してほしいものだ。

誰もいない森の中だったら良いだろうけれど、電波が届かないかもしれないな?