図書館で本を借りた

図書館で本を借りてきた。

図書館内にある端末を使って、本を探している人がいる。

自分も手っ取り早く本の所在を知りたいときは利用する。

それでも、棚と棚の間を歩き回って、読みたい本を探すのが好きだ。

興味のある棚は、上の方に分野名が書いてあるので、迷わない。

今回は、写真関係とIT関係の本を借りた。

年末年始は休刊なので、今回は三週間借りられる。

もう少したくさん借りておけばよかった。

借りてきたタイトルは、

ノマドワーカーという生き方 立花岳志著

iPadmini StyleBook 丸山弘詩 岡田拓人 霧島煌一著

もう会社に頼らないSNSブランディングという生き方 福島清史 坂口茂樹著

コンピュータのひみつ 山本貴光著

一生使える写真撮影のネタ帖 大和田良 鈴木知子 橘田龍馬 伴貞良著

デジタル一眼レフ構図プロの見本帳 デジタルカメラマガジン編集部編

デジカメ写真の光の扱いがうまくなる見本帳 石田徳幸 須田卓馬 野木和行 野村奈緒子 福田昌裕著

の計7冊

下の3冊は、チラ見をして、じっくり読んでいるのは「ノマドワーカーという生き方」という本だ。

写真関係の本は、気分転換をしたいときに、眺めるのが良い。

眺めていると、写真を撮りにいきたくなるので、本を借りてきた日に、カメラを持って出かけた。

図書館の本は、予約もできるし、今はネット上から延長手続きも取れる。

地元の図書館は、一度発行してもらえば、ずっと使えるので便利だ。

もっとも、自分は引っ越しのときにカードをなくしてしまったので、再発行してもらった。

今もまだ見つかっていない。

再発行のときに、住所の変更もしてもらったのでよかった。