カバーを使って生まれ変わった

ちょっと大げさかもしれないが、kindleはカバーを付けたことで生まれ変わった。

洋書のみをダウンロードしていたが、iPadminiでのkindleアプリに入れた書籍のデータが、Amazonkindleにもダウンロードされていた。

Amazonkindleでは、洋書を読み、一般書はkindleアプリで読めばいいのだ。

kindlefireHDを買えばいいのだろうが、ちょっともったいない気もする。

紙の本も捨てきれない。

電子書籍も便利だ。

電子書籍の読者が増え続けたとしても、紙の本はなくならないでほしいと思う。

カバーを付けたkindleは、今のところあまり出番はないのだけどできる限り外へ持っていこうと思う。

Wi-Fiスポットでなくても、本を読むだけなら支障はない。