デジタルカメラとの付き合いの始まり

初めてデジタルカメラを買ったのは、子どもたちがまだ幼稚園に上がる前ぐらいだっただろうか。

あのとき買ったデジタルカメラは、今だと1万円以下、いやもっと安く手に入るようなものだった。

それでも、実際に買って手にしたときはうれしかった。

バッテリーではなく、乾電池を入れて撮影するから、乾電池さえ用意すれば買ってすぐに使うことができた。

けれども、パソコンに画像を取り入れるには、別売品を買う必要があった。

買った店では特に説明もしてくれなかったから、近所にオープンしたばかりの店に行き、取り寄せてもらった。

画像は今は見ることができない。

当時使用していたパソコンがもう使えなくなってしまったからだ。

撮影画像のいくつかは、年賀状にも使ったから、書き損じの年賀はがきが見つかれば、見ることはできる。

次に買ったデジタルカメラは、専用のバッテリーを使うもので、家に帰って数時間充電をしないと使えない(今と同じ)。

家に帰ってすぐに充電を始めて、何か撮った記憶はあるけれど、当時の撮影データがあるかどうか。

買ったその日の撮影データはなくても、その後何年かは使っていたので、フラッシュメモリにデータは残っている。

その頃は、子どもを撮るか草花を撮るかだった。

子どもが小さいので、あちこちドライブやら旅行やらに行っていたから、出番はあったけれど、まだフィルムカメラ(一眼レフオート)を使ってもいた。

フィルムカメラを使ったのはもっぱら夫だったけれど、買ってきたのは私だ。

撮影データは、パソコンに画像を取り込んだものであれば、見ることができる。

フィルムカメラで撮った写真をスキャナで読み込んだ場合は、残念ながら自動で読み取ってはくれない。

デジタルカメラが普及して本当によかった。

現像代やプリント代にお金をつぎ込むことはなくなったから。

古い写真(デジタルもアナログも)を見ていると、カメラによって違いはあるけれど、自分の撮り方はあまり変わっていないような気がする。

 

[catlist id=14]

iPadminiを使う頻度

iPadminiを使う頻度は結構多い。

ブログに投稿した数を見れば明らかだと思う。

ネットサーフィンとかショッピング、後はゲームにしか使っていない。

けれど、道具にそれぞれ役割を持たせて、使いこなせればそれで良い。

Kindleアプリを使って、電車のなかで読書をしていたが、Kindleにはかなわない。

iPadmini(iPhoneでも良いけれど)、テレビを見たいと思うこともある。

ちょっと最近買い物をたくさんしているので、買うのは別の機会になる。

買ったらまたブログに報告する。

[catlist id=84]]

何に使う?iPod touch

iPod touchが家にある。

あまり使っていない。

メモアプリか、スケジュールアプリでも入れて活用するか。

音楽専用にするとか?

ネットサーフィンはiPadminiの方が見やすい。

メモ、スケジュール、ミュージック、画像閲覧、ウォーキングぐらい。

iPhoneと役割を分担するのだ。

ソリティア(トランプゲーム)ぐらいだったら、iPod touchでもできる。

iPhoneとiPod touch2台持ち歩くことになるけれど、バッテリーは節約できそうだ。

いっそのこと売ってしまおうかと思っていたが、考え方を変えれば、使えそうな気がする。