COOLPIXS800C

NikonのCOOLPIXS800Cは一昨年購入したカメラだ。

犬の散歩に持って行くようになったのは、昨年のこと。

それまで使っていたカメラが壊れてしまったからだ。

デジタルカメラとしては初のAndroid搭載のカメラなので便利だ。

どう便利かというと、撮影後スマホに画像データを送信することができる。

もちろん、スマホの方に専用アプリをあらかじめインストールしておく必要があるが。

つまり、パソコンと接続しなくても、スマホに画像をインポートしておけば、パソコンにも画像データが保存される。(iPhoneの場合)。

このカメラのすごいところは、ズーム機能が優れていること。

野鳥を撮影する場合、雀のような小さなものでも、ズーム機能を使うことで、野鳥の種類が特定できるぐらいの大きさに撮影することができる。

ピントさえきちんとあっていれば、トリミングで拡大することだってできるのだ。

これが、D7100のような機種の場合は、400ミリ以上の望遠レンズでないと対応できない。

ただ、片手で撮影するにはちょっと重たいので、犬をつれているときには犬に「お座り」と言う必要がある。

一人で撮影に出かけたときは、両手で構えることができるので問題はない。

コンパクトデジカメと一眼レフデジカメを使い分けることで、被写体にも幅ができる。

コンパクトデジカメはレンズ交換はできないが、一眼レフデジカメはレンズを交換できる。

COOLPIXS800Cは今まで買ったコンパクトデジカメのなかでは一番の優れものかもしれない。

COOLPIXS800Cの後に買ったカメラ(NikonのCOOLPIXS9400)は、夫が使っている。

夫に譲ったカメラが壊れてしまったので、「どうぞ」とあげたのだ。

今まで私が飽きてしまったカメラはほとんど夫が使っている。

デジタルカメラも我が家では私が最初に使ったデジタル家電だ。

Nikonのカメラにたどり着くまでには、カシオ、東芝、キャノン、FUJIといろいろなメーカーのカメラを使った。

Nikonのカメラを使い始めてからは、Nikon以外のメーカーは使っていない。

一眼レフデジカメについては、パナソニックを使っていた。

NikonのD7100を買ってからは、パナソニックの一眼レフデジタルカメラは出番がなくなった。

出番のなくなったパナソニックの一眼レフカメラは売ってしまっても良いかもしれない。

多少重くて不便だけれども、優れていることには違いはないので、NikonのCOOLPIXS800Cをしばらく使って行こうと思う。