Windows8はWindowsVistaよりは優れている

Windows8は評判が悪いようだけれど、私からすれば少なくともWindowsVistaよりは優れている。

Windows7は使っていないので感想を述べることはできない。

Windows8をデスクトップパソコンで使うことのメリットはないかもしれない。

けれども、タッチ機能をないものとして普通のOSとして割り切れば、ちゃんと使えるのだ。

もちろん、ディスプレイをタッチ対応のものに買い替えれば、デスクトップパソコンでもタッチ機能を使うことはできる。

ノートパソコンやタブレットタイプのパソコンでこそのタッチ機能なので、デスクトップパソコンならば、今までのOSと同じように使うのが良いのではないか。

店頭で販売されているパソコン、特にノートパソコンにはマウスがついていない。

デスクトップパソコンならばついていることもあるが、ノートパソコンだと、トラックパッドが普通なのだ。

展示されているデスクトップパソコンでもなぜかマウスがついていない機種があって、説明に困ったことがある。

使う人によってはマウスを使わない人もいれば、使う人もいる。

私はマウスは必ず使う。ノートパソコンであっても。

サーフェスにもマウスを接続してしまった。

Windows8で不満があるとすれば、スタートボタンがないことぐらいだ。

これも、オンラインソフトで補うことができる。

Windows8.1から搭載されたスタートボタンは、従来のスタートボタンではない。

アップデートした人は既にわかっていると思うけれど、従来の(Windows7まで)スタートボタンを想像していると、期待を裏切られることになる。

いろいろと問題点はあると思うけれど、ある程度は割り切って使うしかない。

古いOSはどんどんサポート期限がくれば、サポートされなくなってしまう。

自分はWindows8にアップグレードしたのではなく、Windows8がインストールされてあるマシンを買った。

Windows8から8.1にアップグレート(アップデート)したけれども、思ったほどのトラブルはなかった。

radikoを録音するためのradikaが使えなくなったくらい。

ラジオは録音したところで、聞き逃した場合に改めて聞くぐらいで、聞き逃さなければ録音の必要はない。

Windows8.1でもradikaが使えるようになれば問題は解決する。

需要があれば、使えるようにしてくれるのだろう。

Windows8にしたものを7にする気はさらさらない。

WindowsVistaを7にすることはあるかもしれない。

Windows7のディスクを購入できるうちに買っておかないといけないだろう。

当面は、必要なときに、Vistaを使うだけなので、あえて7にする必要はない。

Vistaのサポート期限が来そうなときに考えればいい。

Windows8を目の敵にする必要はないと思う。

買ったときにWindows8だった人には気にならないことだ。

Windows8以前のOSを使ってきた人だから気になるのだ。

自分は、Windows8を使って1年経ったけれども、不満は感じていない。

ブラウザーに変な広告が出ることもなくなった。

GoogleChromeにすると、変な広告が出てくる。

ブラウザーはインターネットエクスプローラーを使い続けている。

どんなOSであろうと、なれてしまえば問題はない。

8の次のOSが出たときにどうするかは今のところは考えていない。