紙の本は処分しよう

電子書籍リーダーKindleで読書をしていると、紙の本をあまり読めなくなる。

紙の本は、ルーペ(もしくはシニアグラス)を使わない限り文字を大きくすることができない。

紙の本は増えてくると邪魔になってくる。

電子書籍リーダーに電子書籍をためておいても、場所を取ることはない。

文字が小さいなと思えば、文字サイズを変更することができる。

小さい文字を何時間も読んでいると疲れてくる。

疲れないくらいの文字サイズにすれば、読書も長く楽しめる。

スマフォなど電車内とかで他人から画面をのぞかれる恐れのあるものは、文字サイズは大きくしていない。

電車内でやることは、せいぜいトランプのゲームか、メール受信とLINEくらいだ。

Kindleにはカバーをかけてしまったので、隣に他人が座っていても、平気で読むことができる。

電子書籍化されているものがどのくらいあるか、自分が好きなジャンルの本で試してみた。

紙の本(検索の結果、電子書籍化されている)は、処分しても大丈夫だという結論になった。

闇雲に紐をかけても時間の無駄だ。

もう、絶対に必要ないと自分で決めたものから順に紐をかけて行く。

図書館に寄付することも考えたが、図書館でほしがっている本はあまり持っていない。

資源回収が一番良い。

古本買い取りショップでも、図書館と同じ結果になりそうだ。

引き取ってはくれるけれど、買い取りにはならないものばかりを所有しているから。

古本は、コミック全巻とか、小説でもシリーズ物全巻などが高価買い取り対象なので、自分はどちらも持っていな。

資源回収に出すのは、紐をかけたり、収集場所に持って行ったりと手間はかかるが、手軽な手段だ。

まず残す本と資源回収に出す本との「仕分け」からはじめよう。