オーディオレシーバーについて

写真で紹介した「オーディオレシーバー」以外にも1台持っていた。

写真は後日紹介する。

オーディオレシーバーは買ってすぐには使えない。

まずは充電をする。

次に、接続する機器と「ベアリング」という作業をする。

iPhoneでも、iPodでも、iPadminiでも、設定画面からBluetoothをタップすると接続する機器を検索し始めるので、機器(オーディオレシーバー)の電源を長押しする。

すると、機器一覧が出てくるので、自分が接続したいものを選択してしばらく(1分くらい)すると、「ベアリング完了」の画面が出てくる。設定画面を閉じる。

初めて音楽を聴くときは、ミュージックプレーヤーアプリを起動しておいてから、オーディオレシーバーの「再生・一時停止」ボタンを押す。すると音楽を聴くことができる。もちろん、ヘッドホンを使う。

一時停止してから、再度音楽を再生するときは、オーディオレシーバーの再生ボタンを押せば、続きから聞くことができる。

レシーバーはヘッドホンを使うが、Bluetoothのスピーカーはベアリングの手順は同じだけれど、ヘッドホンは使わない。

Windowsマシンに接続してあるのは、USBのスピーカーだ。

Macマシンにもつなごうかな?Bluetoothのスピーカーを。

オーディオレシーバーは外出するときにも便利だ。

寝ながら音楽を聴くときも、本体(iPhoneとか)を少し離れた場所においておけるので、落とす心配がない。