ただいまupdate実行中

Windowsマシンを立ち上げて、Windowsupdateを実行している。

ブログの更新は、いつも通りMacマシンで。

MacマシンもWindowsマシンも、タブレットも、スマホもみんな好きだ。

ネットの世界は、いろいろトラブルのあるけれど、トラブルや危険を想定してつきあえば、とても便利だ。

パソコンは道具だし、ネットの向こうには、自分と同じ感情を持った人々がいる。

パソコンは生き物ではない、ただの機械。

機械を使っているのは、人間だ。

ドラマを見終わったら、2階へ上がって、Windowsupdateを完成させよう。

 

リベンジ(シーズン3)

毎回見ていて思うこと。

コンラッドも、ビクトリアも、人を見る目がない。

アマンダ・クラークとして、ジャックと結婚し、非業の死を遂げた女性は、実は別の名前だったと言うことに気づいていない。

自分たちの息子と結婚しようとしている女性こそが、本物のアマンダ・クラークだと言うことがわかっていない。

もっとも、今回久しぶりに登場した、コンラッドの愛人、リディアは気づいている。

エミリー・ソーンが本名でないことに。

さすがに、アマンダ本人とは思ってはいないだろうが、デビッド・クラークの親戚ぐらいには思っているか。

ビクトリア、コンラッドよりも、リディアの方が、エミリーの本性に気づいている。

ビクトリアは、ただエミリーのことを「詐欺師」と言っているけれど、自分たちが亡き者にした、デビッド・クラークの娘とは思っていない。偽アマンダの演技力がうまかったわけではない。単純に信じてしまっただけ。

 

シャーロットがエミリーの正体に気づいていないのは残念だけど、本当の姉妹なのに、邪魔をしている。

しかも兄の昔の恋人をけしかけて、結婚をぶちこわそうとしている。

最後は、「兄さんたちに協力する」というのだけれど。

 

ジャックの真意はわからない。

エミリーの正体がわかっても、アマンダとして愛した女性のことは忘れられない。

ただ、ようやく立ち直って、マルゴーとやり直そうとしている。

ジャックとマルゴーをくっつけたのも、シャーロットだけどね。

 

シャーロットはデクランと赤ちゃんを失ったので、ひねくれてしまったのかも。

ジャックもさすがに、シャーロットには本当のことを打ち明けていないようだ。

シャーロットの台詞でエミリーのことを「義理の姉さん」と呼ぶシーンで、エミリーが何とも寂しそうな顔をしていた。

 

自分でついた嘘なのだから仕方がないんだけれど。

ジャックの言うとおり、大勢の人を傷つけ、死に追いやった原因を作ったのは、エミリーだ。

復習のためとはいえ、払った犠牲は大きすぎると言うこと。

 

ジャックも復讐する立場に立っているので、エミリーに表面上は協力している。

ノーランとの友情を復活させたのも、ジャックの優しさなんだろう。

 

シーズン3の最終回がどうなるのかわからないけれど、ハッピーエンドはないのか?

 

 

 

ブックオフで買った本を1冊読んだ

ブックオフで買った本を1冊読み終わった。

今度は何を読もうか?

文字が小さい文庫本だけれど、慣れてくれば何とか読むことができる。

せっかく買ったので、全部読むことにしよう。

ブックオフだと、新刊で買うより安く手に入るからいい。

アマゾンでも古本は買えるけど、当日手に入るわけではない。

電子書籍ならアマゾンがいい。

パソコンのおかげで得た仕事

パソコンのおかげで得た仕事は、「パソコンインストラクター」。

資格を取るために通っていた、専門学校(7年前に倒産)の社員から勧誘された。

インストラクターの仕事は約4年やっていた。

パソコンに関わる仕事だったし、人に教える仕事はとても好きだった。

もちろん、トラブルにも遭ったし、先輩インストラクターからもしかられたことはあった。

やめたのは、給料をもらえなくなったから。

私がやめた半年後に「倒産」していたから、当然未払いの給料はあったけれど、私のような「時間講師(パート)」には、「支払えるだけのお金がない」という通知をもらった。

その後、しばらくは仕事をしていなかったけれど、インストラクターに復帰することはなく、全く関係のない仕事に就いていた。

今は、また仕事のない毎日。

 

パソコンがらみの仕事にまた就けたらうれしい。

できれば、パソコンインストラクターの仕事に復帰したい。

 

RT(リツイート)のマナー?

自分が気に入った画像を見つけて、リツイートをしていたけれど、ある日「リツイートまえに、フォローしてください」というメッセージ。(ツイート内に)。

メッセージに気がついてからは、フォローしていない人のツイートをリツイートするときは、フォローしてからリツイートするようにしている。

マナーなのかな?知らないこととはいえ、ちょっと不愉快な思いをさせたのか?

まあ、失敗から学ぶこともある。

自分がフォローしていない人のツイートをリツイートしたいときは、フォローをチェックしてから。