勧誘電話

今日夜の8時過ぎに電話が鳴った。

平日で、夫が帰宅する前だったら絶対にとらない。

けれども今はゴールデンウィークの真っ最中で、すでに隣の部屋で休んでいた。

仕方がないので、でてみると、会社名も自分の名前も名乗らず「NTTフレッツ光をこれからもお使いいただくために連絡しております。インターネットを主に利用している方いらっしゃいますか?」という。

ここで切っておけばよかったのに、「はい私ですが」と答えてしまった。

「ご本人様ですか?これからもフレッツ光をご利用いただくためのお得なお知らせです。無料で、NTTフレッツ光隼に変更いただけます。つきましては、2,3質問させていただきたいのですが」と言われて、以前も似たような電話があったことを思い出し、「今から出かけるので、失礼します」と相手の返事を聞かず電話を切った。

あぶない、あぶない。

ちゃんとした業者だったら、きちんと「会社名」と「名前」くらいは名乗るはずだ。

相手は「電話勧誘」で、生活をしているのかもしれないけれど、こちらも断る権利くらいはある。

 

フレッツ光隼に変更するのだったら、Webからもうしこめるはずだ。

電話の勧誘にうっかり乗って、お金を余分に取られたらたまらない。

電話の向こうの人間が、ちゃんとした資格を持って電話をかけてきているとは限らない。

 

プロバイダでもなければ、NTTの代理店ですとも言わなかった。

疑っておいた方がいいだろう。

 

今度は電話番号を確かめてからでることにしよう。

「会社名と、名前を言ってください。こっちはちゃんと名前を言っているでしょう?」と言ってもよかった。

ほかにもいろいろな電話がかかってくる。「コミュファにしませんか?」とか。