アナログカメラとデジタルカメラ

カメラを始めたのは、短大生の頃だった。

アルバイト代を貯めて買ったのは、いわゆるコンパクトカメラ(フィルムカメラ)だった。

今でこそ「コンパクトカメラ」と呼ばれているが、当時は「バカチョンカメラ」と呼ばれていた。

社会人になってから、一眼レフカメラをレンズ付きで購入した。

2台のカメラは、結婚するまで使い続けた。

ハネムーンに持って行ったのは、コンパクトカメラだった。

使っている途中で壊れたらしい。

一眼レフカメラは、結婚してから使った記憶がない。

一度使って、フイルムを1本だめにした記憶があるから、壊れたのだろう。

捨てるのも嫌だったから、今でも手元にある。

結婚してから、コンパクト一眼レフカメラを購入した。

私がデジタルカメラを使うようになってからは、夫が子どもの運動会などに使っていた。

最初のデジタルカメラは、プリクラがカメラになったような感じだった。

デジタルカメラが普及し始めた頃だったから、今なら8千円くらいで買えるぐらいの機能しかついていなかった。

当時は、3万円くらいしたはずだ。

1年くらいして、2台目のデジタルカメラを購入した。

確か東芝の「Allegretto」という商品だった。

3年くらいは使ったか。4台目に買ったものと使用期間がダブっていた。

ちなみに我が家でデジタルカメラに興味を持っていたのは、私だけで、最初の2台までは家族で買いに行ったけれど、3台目からは私だけで量販店へ出向いて買った。

夫がデジタルカメラに興味を持ち始めたのは、4年か5年前で、私が使わなくなったものを「貸して」と言っていつの間にが自分で使っていた。

夫はカメラ(制止が)よりは、ビデオカメラを主に使っていたので、デジタルカメラを使い始めるのが遅かったのだろう。

仕事でもカメラが必要になって、自然と使うようになった。

アナログカメラは、撮影後、現像してプリントするまで結果がわからない。

デジタルカメラは、撮影後すぐに結果がわかるので、気に入らなければその場で削除できる。

アナログカメラが嫌になったわけではなかったけれど、わざわざカメラ店まで出かけて、現像とプリントを頼む手間がないという理由で、デジタルカメラに移行していった。

アナログカメラを使っていた頃は、自分の暗室を持つことができたら、現像もプリントも自分でやってみたいと思ったこともあった。

ドラマのように。

アナログカメラは面倒もあるけれど、買ってすぐフィルムさえ買えばすぐに撮影ができる。

デジタルカメラは、買ってすぐは使うことができずに、家に持ち帰ってバッテリーを充電しないといけない。

初期のデジタルカメラは、電池を入れるタイプだったので、買ってすぐ撮影することができたけれど、電池台代がかかるので、バッテリー式のものに買い換えた。

現像やプリントアウトをその都度しなくてもいいデジタルカメラの画像は、パソコン以外に、ポータブルHDDやフラッシュメモリに保存している。

アナログカメラで撮った写真は、スキャナで読み込んでパソコンにも保存している。

プリントしたものは、時がたつにつれて色あせてしまうからだ。

時代の流れとはいえ、フィルムカメラがみじかにないのはちょっと寂しい。

 

 

デザリングがまた重い

デザリングがまた重くなっている。

ゲームアプリは問題ないのだが、サイトを表示させようとすると重いのだ。

KindlepaperwhiteからKindleストアがまた表示されなくなってしまった。

本を増やしすぎたのか?

午前中は、iPadminiを使ってwebサイトを閲覧していた。

あまりにもデザリングしていて重いので(読み込むのが)、履歴を削除した。

そろそろ本来のWi-Fiに戻りたい。(戻したい)。

せっかくつながっているものを設定を変えるのは、気が進まない。

iPhone5のデザリング機能を使っても読み込みが遅いのでは、いらいらする。

一応こうやってブログを書いているのだが、iPadminiでサイトのアドレスを確認しつつ、Wordpressのサイトに、「お気に入りサイト」として登録したいのだけれど、ちっとも作業が進まない。

今日はデザリングはあきらめて、上のパソコンでやるしかないようだ。

フラッシュメモリを久しぶりに購入

アマゾンサイトで、フラッシュメモリを久しぶりに購入した。

カメラの形をしたもの、キティーちゃんのもの、スターウォーズのもの(R2D2)の3つ。

届くのは、明日。

キティーちゃんのものは、キャラクターものには珍しく64ギガバイトのもの。

あまり容量が少ないと、ただ持っているだけになってしまう。

写真のバックアップには向かない。

量販店や、スーパーの家電コーナーにもフラッシュメモリは売っている。

かわいらしいものはあまりない。

キャラクターもののフラッシュメモリとか売れば、買っていくお客さんもいるだろうに。

ミッキーマウスの形したやつもほしいな。

ディズニーショップだったらあるかしら?

届くのが楽しみだ。

あちこちのwebサイトをのぞいてみて思うこと

ブログを書いているので、ブログに関するサイトや、自分と同じ趣味を持つ人のサイトは、よくのぞいている。

2ちゃんねるや掲示板は今はのぞいていない。

ドラマで「電車男」が放送されたころ、ちょっとのぞいてみたことはある。

書き込みをしたことはない。

Q&Aサイトは検索をしていて、ヒットすることがある。

まじめな相談、まじめな回答にあたると、ネットで相談するのも悪くないなと思う。

あちこちの同じようなサイトに、同じ質問をしている人がたまにいる。

自分と同じような悩みを持つ人の質問には、目を通すこともある。

回答者もいろいろで、ベストアンサーだけを載せているサイトもあれば、ベストアンサー以外の回答も参考までに載せているサイトもある。

質問者の意図がうまく伝わらず、回答の種類もまちまちという質問もあった。

書いている人の求めている答えと、回答してくれている人の結論が食い違っている。

もちろん、書いている人の説明不足ということもある。

回答者の人が、言外の意味をくみ取って、ごく一般的な回答をしてくれたことがある。

私も以前、Q&Aサイトに書き込みをしたことがあった。

私がかいた内容について、ありとあらゆる意見が寄せられたが、私の求めている答えは見つからなかった。(ほとんどが見当違い)。

もう少し、意見が集まるのを待って、もう一度サイトをのぞいてみると、「情報が少ないので」という前置きのもとに、回答が寄せられていた。ともちろん、その人からの回答を「ベストアンサー」にさせてもらった。

今では、Q&Aサイトはあくまでも除くだけで、書き込みはしていない。

当時私がした相談内容は、よくよく考えたら、スルーしてしまうか、専門家に相談すべき内容だったから。

自分が求めている答えと、相手の考え方が一緒とは限らない。

 

ショッピングサイトは、決まったところをいつも利用している。

よく使うのは「Amazon」だ。

ドッグフードや、ペットシート(トイレシート)、書籍、電子書籍などを購入している。レビューも参考にしている。

もう一つは、「価格コム」。

口コミが載っているので、とても参考になる。

 

ポイントサイトは、もう利用していない。

ポイントをもらうためにショッピングをするのはまだいいとして、毎日訪問してゲームをしたりアンケートメールとか、迷惑メールも来た。

ポイントサイトからのメールの多さには、うんざりしたものだ。

ニュースサイトとか、まとめサイトものぞくことがある。

スマホやタブレットについてのまとめ記事もあるので、たまにはのぞくようにしている。

それぞれのサイトには、運営目的があって、情報も満載だ。

正しい情報もあれば、そうでないものもある。

最終更新日を見て、がっかりすることもある。

情報は、正確性はもちろんのこと、新鮮さも大切だ。

最終更新日があまり古いものだと、確認のためにほかのサイトものぞくことがある。

一つの情報に対して、裏をとるのは絶対に必要だということ。

ウェブサイトをのぞいて回るのは楽しい。

情報が新鮮かどうかもチェックするのを忘れない。

家族や友人との会話の中で、自分がもたらした情報が間違っているのはいやなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料ブログのこと

無料ブログにあまりいい思い出はない。

コメントやトラックバックがひどかった。

コメントは、まだちゃんとしたものもあった。

トラックバックは、最悪。

今と違って、毎日更新などしていない。

無料ブログは、プロバイダのスペースを借りたものもあった。

無料プランから有料プランに変えたが、トラックバックはまともなものが全くなかった。

いろいろな無料ブログサービスを体験したくて、登録したものだが、今更新をしているものはない。

解約したものもある。

WordPressやMovable Typeを使ってブログを運営しているのは、コメントスパムやトラックバックスパムを避けるためでもある。

コメント欄は設けてあるが、ここ数年コメントはもらっていない。

毎日更新を始めたのは、2011年のことだから、3年近くコメントはもらっていないことになる。

WordPressのブログは、Facebookで更新情報を流しているし、Movable Typeのサイトは、Twitterで更新情報を流している。

それとなく宣伝はしているのだ。

無料ブログは、宣伝に力を入れなくても、サービス内では読者を簡単に得ることができる。

もちろん、うまく使いこなせている人だっているだろう。

私はうまくいかなかったというだけだ。

複数のブログを掛け持ちで運営できるほど、器用でもマメでもないので、無料ブログを利用することはこの先もない。

これから始める人にとっては、まずはプロバイダのスペースを借りてブログを始めることを勧めたい。

あとは、「ブログ、無料」で検索をしたり、「ブログサービス、おすすめ」で検索すれば、参考になるサイトがヒットする。

自分に合ったサイトが見つかることを祈る。