スピーカーの電池の充電が終わった

iPodclassicで音楽を聴いている。

スピーカーの電池の充電が終わった。

ヘッドホンで音楽を聴きたいときは、カラオケ用に曲を覚えたいときとか、音楽を聴くことに集中したいとき。

今はブログを書くことに集中したいので、スピーカーから音楽を流している。

ランダム再生にしてあるので、今は「ジャズ」がかかっている。

iPodclassicは外に持ち出すにはちょっと重すぎる。

ラジオもついていない。

私が持っているのは「第3世代」で色は「白」。

部屋に置きっ放しにしてあるのに、汚れてもいない。

フル充電しても放置しておけば充電はなくなる。

今は、iPodclassicを充電しながら聴いている。

フル充電したらいったん充電器を外さないと、また充電を始めてしまう。

充電が切れそうになるまで、聴き続けてまた充電をすれば、まだまだ使えるだろう。

ものというのは自分から動くわけではないので、所有者が出番を作らないと。

買ったときのことを少し思い出すことがある。

iPodclassicを買った頃はまだ古いMacも使えていた。

音楽を追加しようと思ったら古いMacを使わないといけない。

古いMacはインターネットには接続できないので、そのままCDから音楽を追加すると、曲名が表示されず「トラック01」のような表示になってしまう。

フラッシュメモリに音楽を保存して、古いMacに読み込ませたものをiTunesからiPodclassicに落とすというやり方を使えば曲名付きで保存される。

古いMacもたまには出番を作らないと。

インターネットに接続できない以外の不具合はないのだ。

最新機器もいいけれど、古いものもいいものだ。

今、iPodclassicからは、ビートルズの「イエローサブマリン」が流れていた。