メールアドレスは慎重に

メインで使っているメールアドレスを買えるのはなかなか大変だ。

けれどもまた迷惑メールが来ている以上、大事なところは変更しておこうと思う。

ほかのところは、変更はするけれど、たくさんあるので時間がかかるから少しずつ処理をしていく。

複数あるのだから、ちゃんと使い分けないといけないな。

あまりやたらと変更したくないところには、特別なアドレスを設定する。

すでに解約してしまったサイトだけれど、メールアドレスを変更できなかったのが理由で解約にした。

IDがメールアドレスのところ、IDは別に設定してメルマガようにアドレスを設定するところがある。

IDとメールアドレスが違うところは、どのアドレスが設定されているのか調べる必要がある。

廃番にしたメールアカウントも、今使っているメールアカウントも、ドメインは「同じ」だ。

ドメインを変えない限り、迷惑メールは来るのではないかと思う。

なので、大事なところは、今とは違うドメインのメールアドレスを設定する。

あとは、ショッピングサイトはなるべく数か所(10サイト以内)に決めておいて、あちこち登録しない。

アドレスが覚えやすいのもいけないのかな?

 

エリア設定が愛知ではなく東京になっていた

パソコンでradikoアプリを起動させたら、エリアが「東京」になっていた。

ウェブサイトでradiko.jpへ移動してもエリアは「東京」のまま。

考えた挙句、パソコンを再起動させてみた。

最初は、radikoアプリは何も表示していなかった。

ウェブサイトの表示もおかしいまま。

再度表示(radikoアプリ)させたら、ちゃんと「愛知」になっていた。

ルーターの電源を切る方法もあったみたいだけれど、私の無線LANルーターはインターネットに接続できないので、この場合はNTTからレンタルしている機器のことだと思った。

けれども再起動で直ってしまったのでとりあえずよかった。

原因はわからない。

先週はちゃんと聞けたのだ。

来週は大丈夫なんだろうか?

家電量販店に併設されたパソコンスクール

家電量販店にパソコンスクールが併設されていることがある。

以前勤めていたところもそうだった。

販売員ではなくて、パソコンインストラクターになりたかった。

実際に足を踏み入れたことはないのでどんなところかは想像がつかない。

パソコンスクールに来るには店舗内を通るしか方法はない。

私が勤務していた期間で、3人くらいはスクールに入っていっただろうか?

パソコンインストラクターとして働いていた場所は、パソコンスクールではなく簿記などを専門に教えていたのが、ワープロも教えるようになり、パソコンも教えるようになったというところだった。

パソコンインストラクターとして働いていたのが、8年前だったので、家電量販店に併設されたパソコンスクール(働いていたのは、昨年の6月から9月まで)は、パソコンもパソコンのOSも最新のものだっただろう。

体験として入ってみるのもいいかもしれない。

昼間は文字サイズを紙の本に合わせる

昼間の読書の時は、文字サイズを紙の本に合わせることにした。

今どうしても紙で読みたい本がある。

ドラマ化されている「ペテロの葬列」の原作本だ。

まだ、kindle化はされていないので、とりあえず紙の本で読むことにした。

ただ、kindleでの読書に慣れてしまっているので(文字サイズも少し大きめに設定)、紙の本を読もうとすると、文字が小さくて先へ進めない。

なるべく昼間に読むことにして、kindleも昼間使うときは、文字サイズを紙本と同じサイズにしておく。

そうすれば、紙の本でも何とか読むことができる。(慣れの問題)。

1年前だったか、レジの仕事のためにコンタクトの上からかけるメガネを買ったけれど、探してかけてみようか?

かなり度が強くなっていたはずだけど、使えるかな?

コンタクトを外した後にかけるメガネだと、紙の本は特に夜は読めない。

昼間も夜も読もうと思うと、kindlepaperwhiteのような電子書籍リーダー端末のほうが向いているのだ。