Wi-Fiアナライザーというアプリ

Wi-Fiアナライザーというアプリを導入してみた。

画面を見て気になったのは「N/A」という表示。

おそらく「ない」という意味なのだ。

これはiPhoneとiPadminiにインストールされている。

電波干渉を調べるアプリなのだが、IPアドレスとかサブネットマスクとかデフォルトゲートウェイとかが表示される。

パソコン用もあるということだったので、ダウンロードしてインストールしてみようかと思う。

とにかくデスクトップパソコンでは、WiMAXは使えない。

ケーブルで接続するのはまだ試していないけれど、プリンターが使えなくなるのは困るので、今のところは試すつもりはない。

「制限有りアクセス」というのは、電波干渉が原因の一つということだ。

IPアドレスやサブネットマスクなどを手動で設定したり、チャンネルを変えてみると解消されることもある。

Wi-Fiが突然使えなくなることは、普通に起こることだった。

いままでたまにつながらなくなることはあっても、長期にわたってつながらないということはなかった。

WiMAXは、使うときだけ電源を入れているので、バッテリーはあまり消耗しない。

iPhoneのデザリングを使うと、充電しながらでないとバッテリーがすぐになくなってしまう。

ネットで調べるといろいろな対処方法が載っているので、自分のケースと照らし合わせて参考にしたい。