日経パソコンのバックナンバー

日経パソコンのバックナンバーを読んでいて、「ブログを書かない理由」というアンケート結果があった。

「毎日書くネタがない」「更新が大変」などの理由があげられた。

自分も最初は無料のブログサービスを使っていた。

そのころは今とは違って毎日更新してはいなかった。

確かにネタを見つけるのは大変だけれど、私のようにコメントをもらうことを目的とせず、単なる「記録」としてブログを更新している人にとっては、「ネタがない」と言うことは関係ない。

むしろ、パソコンやタブレットを起動して画面を出してブログを書くことが面倒なときはある。

それでもためても2日なのは、いい方ではないかと思う。

もちろん、私だってネットで検索してネタを探すことはある。

ブログを書く目的で、「コメントをもらう」ことは、自分が誰かのブログを読んでコメントがつけられるようになってからでも遅くないと思う。

ノートに毎日日記を書き続けるよりは、ブログを書き続ける方が自分にとっては「楽」なのだ。

もちろん、コメントをもらうことによって、毎日更新するモチベーションが上がるのかもしれない。

けれども、書き始めた当初はコメントがもらえなくて「当たり前」なので、1ヶ月か2ヶ月続けてから、「毎日更新」なのか「毎週更新」なのかを決めればいいのだ。

もちろん、更新だって、今ならパソコンだけでなくスマホやタブレットからでもできるのだ。

自分はスマホの画面だと小さいので、タブレットかパソコンなのだけれど、視力に問題がない人なら、スマホからだって更新ができるのだ。

書くことがなくても、買い物をしたとか、何か気がついたこととか、Twitterのように目も感覚でいいのではないか?

私が読んでいたバックナンバーは、2008年のものなので、今ならブログを書いている人はそれなりにいるでしょう。

ブログを続けるには、それなりの環境作りも必要で、自分にとってはブログサービスよりもサーバーインストール型のブログの方が、自分に合っていた。

せっかくレンタルサーバーを借りたので、ブログを続けているともいえる。

バックナンバーではなく、これから発酵される日経パソコンでは、ブログのことはなんと言われるのだろう?

読者の広場でもチェックしてみよう。自分が投稿することだって可能だ。