江戸川乱歩と横溝正史

横溝正史の作品はひとまず中断して、江戸川乱歩の作品を読んでいる。

「地獄の道化師」はちょっと怖かった。

前にテレビドラマで、「明智小五郎と金田一耕助」というのをやっていた。

アレはなかなか面白かった。

明智小五郎が金田一耕助に化けていて(途中でわかった)、謎解きをするところ。

明智小五郎と言ったら「変装術」というのは有名。

金田一耕助は変装はしないのだ。

どちらが好きかと聞かれれば、やはり「横溝正史」だ。

今読んでいる江戸川乱歩の作品をすべて読み終わったら、横溝正史の作品をまた読むつもりだ。

購入した作品はすべて読んだ。

映画化されていないものも結構面白いのだ。

そういえばまだ「八つ墓村」を読んでいなかった。

江戸川乱歩は短編集なので、「地獄の道化師」以外の作品も収められていた。

ほかの短編集も読んでいる。「D坂の殺人事件」だ。

続きを読むか。

レンズを全部使用した写真

DSC_1388 DSC_1415 DSC_1426 DSC_1470 DSC_1471 DSC_1476 DSC_1477 DSC_1480 DSC_1483 DSC_1485 DSC_1487 DSC_1493 DSC_1501 DSC_1509

今回の撮影はすべて「手持ち」で撮影した。

夕日は「夕日モード」。

月は「電球モード」で撮影。

ISO感度は電球モードはすべて「6400」。

今夜は「中秋の名月」のはずだけど、、。

右手が痛い

右手が痛い。

親指が腫れている。

手を握ると違和感がある。

ネットで調べてみたら「腱鞘炎」の疑いあり。

よく考えたら、テニス以外にも結構手を使っている。

たとえば、パソコン、たとえばスマホ。

車の運転もそう。犬の散歩とか。

右手だけを使っているのは、テニスだけ。

腱鞘炎になるほど、テニスをやりこんではいないんだけど。

病院へ行った方がいいのかな?

テニス休むのは嫌だし。

音楽の思い出

短大生の頃「ギターマンドリンクラブ」に入っていた。

その頃に演奏した曲の一つを昨日たまたま聴く機会があった。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」だ。マスカーニ作曲。

ほかにも思い出した曲があった。

「弦楽のための三楽章トリプティーク」という曲だ。芥川也寸志作曲。

この二つは、iTunesからダウンロードできた。iPhoneに入っている。

後もう一曲は、「比羅夫ユーカラ」という曲で、鈴木誠一作曲。

これはiTunesにはなくて、ウィキペディアで調べたところによると、鈴木誠一作品集の第2集に納められているという。

アマゾンで調べたところ、販売されていたので注文した。

「比羅夫ユーカラ」という曲はマンドリンで演奏するために作られた曲だ。

記憶をたどってみると、短大生の頃ほかの大学との合同演奏会をやり、演奏されたのが上の三曲だったと思う。

残念ながら楽譜は手元に残っていない。

聴けばそのときのことが思い出される。

CDは明日届くそうだ。

もうマンドリンを弾くことはないだろうと思う。

けれども聴くことは今でもできる。

ほかにも弾いた曲があるけれど、思い出せない。

思い出せたらいいなと思う。