サーブとレシーブ

朝のレッスンでは、サーブに対してレシーブがうまくできなかった。

自分のサーブもあまりうまくできなかった。

夜のレッスンでは、サーブ練習の時には、あまりうまくいかなかった。

試合形式の練習の時には、サーブもうまく入るようになった。

けれどもサーブに対するレシーブミスが夜のレッスンでも多かった。

特に速いサーブを打たれると太刀打ちできない。

やっていくにつれ、サーブミス、レシーブミスをしたときに「悔しい」と思えるようになった。

コーチはサーブがうまく入った(連続で)ことを褒めてくれたけれど、レシーブがうまくいって、ラリーが続くようにもなりたいのだ。

今伸び悩んでいるのは、サーブとレシーブなのだ。

もちろん、フォアストロークだってうまくいかない時もあるし、バックストロークだって、やっとコツをつかみかけてきたところ。

スマッシュに至っては、当てるのが精いっぱいで、空振りもまだやっている。

ボレーは何とかできるようになってきた。試合練習ではあまり活かせていないけれど。

コーチとはラリーが続くのに、メンバー同士だと相手が自分よりもかなりうまい相手(振り替えで上の急の人が来た時)でないとラリーが続かない。

私よりもうまいはずなのに、ラリーを続けてくれない人がいる。

ボレーの時もちょっと続くと、いきなり頭を超えたり、それでも何とか打ち返すんだけど、相手が返してくれないとか。

振り替えをうまく使って(レギュラーレッスンを休んで)、今よりもなじめそうなレッスンを探そうか。

コーチはいいんだけど。

来期からコーチが変わるから、いろいろなところで試してみようかな。

メンバーも変動があるかもしれない。

 

 

せっかくのiPadminiをゲームだけに使うのはもったいない

Wi-Fiからインターネットに接続できていたころは、iPadminiを使ってウェブで調べ物をしていた。

けれどもWi-Fiからインターネットに接続できなくなったので、すっかりオフラインだけでできるゲームにはまってしまった。

もちろん、WiMAXを導入するまでは、iPhone5の「デザリング」を使っていた。

WiMAXを導入してからは、iPadminiでウェブ検索もできるようになった。

結果、余分に通信費がかかるようになった。

ウェブ検索は、パソコンでやるようになった。

有線で接続ができるWindows8のデスクトップマシンで。

WiMAXを導入したのだから、iPadminiでも今まで通りウェブ検索をすればいいのだ。