safariをアップデートした

safari(マック用のブラウザ)をアップデートしたら、クッキーが削除されて、オートコンプリートが解除されてしまった。

ブログは、デスクトップマシンで書いている。

Windows7ももしかしたらクッキーが削除されてしまったかも。

今はWindows8のマシンでブログを書いている。

ネットを検索して、ペット用のシャンプーを購入した。

safariはiPhoneなどでも使われるブラウザだ。

もちろん、MacマシンでもGooglechromeは使える。

けれどもMacマシンではsafariのほうを使っている。

Windowsマシンでは、結局はIEを使っている。(今年4月にいろいろあったにもかかわらずだ)。

どちらの場合も「慣れ」なのだ。

もちろん、アップデートが出るまではIEの代わりにfirefoxを使った。

アップデートが出てからは、IEに戻ったのだ。

Macマシンではsafariに不具合は出なかったので、ずっとsafariを使い続けている。

ブラウザは、使う人の「好み」と「慣れ」で変わってくるのだ。

 

 

久しぶりに写真を撮った

久しぶりに写真を撮った。

窓から眺めた夕日がきれいだったから。

ベランダからだとうまく撮れないので、外へ出て撮影をした。

ベランダでぐずぐずせずにすぐに外へ出ればよかった。

それでも3枚くらいを撮影して、家に戻る途中で、植物を撮影した。

見ごろは過ぎてしまったけれど、ヒガンバナも咲いていたので、撮影した。

画像は近日中にアップロード予定。

 

アップデート完了

アップデートは無事できた。

途中で接続が切れたらしく、朝起きてから続きをやった。

昨晩からだから、6時間以上かかったことになる。

まず最初にやったことは、古いメールの整理。

2年分のメールがたまっていたので、サイトに登録したときの完了メールなどは残したのち、今年の9月に来たメールのみを残した。

写真はほぼ読み込まれていた。

ただ、アップデート直後は、メールソフト、ブラウザーなどが強制終了された。

昼頃には何とかおさまった。

アプリを最小限に絞ったので、画像、音楽、ブログ更新、メールの送受信が中心になるだろう。

iPad2のアドレスで登録したサイトもある。

今後のことを考えて、メールアドレスを変更したほうがいいのかもしれない。

 

ブラウザーを起動すると「空白のページ」解決

あちこちのQ&Aサイトを見てまわった結果、「セキュリティソフト」のIEの「ロック」を「解除」して、自分が表示したいページを指定してから、ブラウザーを起動して、「インターネットオプション」の画面を出して、再度自分が表示させたいページを指定してから、(「現在のページを使用」で大丈夫)適用とOKをクリックして、ブラウザを再起動したら、「空白のページ」にならなかった。

キングソフトのセキュリティソフトが原因だった。

いろいろなタブをクリックして、ついでに「スキャン」もして、ブラウザの設定にたどり着いた。

これで次回から、「空白のページ」にイラつかずにすむ。