ネットにつながるタイミングは、Windows7のほうが早い

ほぼ毎晩、Windows8とWindows7を起動させて見て気が付いたこと。

Windows8からインターネットにつながるタイミングが、早いときと遅いときがある。

今日もそうだった。

昨日、Windows8を終了させてからWindows7に切り替えて、ネットにつなげたら、すぐにつながった。

こういうところが、Windows7というOSが支持される理由なのだろう。

両方を使い分けているから気づけることなのだ。

もちろん、Windows8からだって、すぐにつながることはある。

本当は、どちらから接続してもすぐにつながるのが普通なのだ。

プリンターを使いたいから、Wi-Fiは削除できない。

時間がかかってもまあ仕方がないのかなと。