自転車をネットで購入

長年使っていた自分専用の自転車が、とうとう乗れなくなってしまった。

ホームセンターで買ってもよかったんだけど、ネットで買えば自宅まで届けてくれるのだからと購入に踏み切った。

「注文の確認」というメールが来ただけで、まだ発送の段階ではない。

注文したのも夜になってからだったからだ。

店舗のほうで組み立てを代行してくれて、防犯登録も代行してくれるというのが決め手になった。

あと、価格面でもよかった。

自分はサイクリングとかには使わず単に「買い物」に使うだけなので、安いのを選択した。

防犯登録を含めたオプションを付けたので、2万円近くなってしまったが、よかったと思う。

最短で翌日、最長でも5営業日以内ということなので、土日を休む店であれば、届くのは来週になるのかもしれない。

色は迷ったけれど、「白」にした。

 

話は変わるが、家には乗れなくなった自転車も含めて自転車が4台あった。

そのうちの一台は、下宿をするために家を出た子どもが、こっちで乗っていた自転車の鍵を持っていってしまった。

もう一人下宿している子どもの自転車があって、こっちはカギを置いていったので、私がちょくちょく自転車を借りていた。

ところが、一度自転車で帰ってきて、鍵をかけずに家に入ってしまったことがあった。

それからしばらくして、鍵をかけ忘れた自転車だけが、家から消えてしまった。

夫が乗っている自転車は、私には怖くて乗れない。

壊れて乗れなくなってしまった自転車と、鍵はかかっているが家に鍵がない自転車、夫専用の自転車と、消えてしまった自転車。

やはり自転車がないと不便だということで、今回新しい自転車を買うことにした。

もっとも、夫は私が近くのホームセンターまで歩いていって、自転車を買ってくるものと思っている。

新しい自転車には、厳重に鍵を付けるつもりだ。

電車に乗って出かけるときはあえて自転車を使わないほうがいいのかもしれない。

普段自分しか家にいない時だったら、新しいうちは自転車を玄関に入れてしまってもいい。

古い自転車とくっつけて施錠しておいてもいいけど。

とにかく、家の中にいると外で何をやっていてもわからないので、注意が必要だということが、今回の「自転車消滅事件」でわかった。

鍵もかけていなかったので、盗難届は出さなかった。

買ったときに防犯登録はしていたので、盗難届を出してもよかった。

黙って乗って行ったやつは、どこかに乗り捨てたのだろうか?

防犯ビデオでもつけておくか。

ネットで調べたら、アパートやマンションの駐輪場から自転車が盗まれることはあるらしい。

鍵は「ワイヤータイプ」ではなく「U字タイプ」のほうがいいそうだ。

そのあたりは、ホームセンターで買ってきてもいいかと。