聴けなくなるまで、聴き続ける。

iPodclassicで音楽を聴いている。

スピーカーの電池を久しぶりに充電したのでまた聴けるようになった。

本体の充電は、満タンになったら、充電をやめて聴いた方がバッテリーが持つみたい。

今は、Macの充電をしているのだ。

聴き終わったらまた充電台におけばいい。

ブログを書いているときは、TVよりも音楽の方がいい。

テレビがかかっているとついつい画面の方を見てしまうのでなかなか先に進まない。

買ったのはもう何年も前だけど、こうやって使うことができて本当によかった。

音楽と画像ぐらいしか保存できないけれど、案外頑丈にできている。

ただ、今使っているMacでは充電もできないし、音楽を入れることができない。

古いMacはまだ取ってあるので、音楽を入れるのならば古いMacで入れるけれど、ネットにつながらないので、フラッシュメモリ経由で音楽を入れるようにしている。

普通に入れると、曲名が入らない。(ネットにつながないので)。

フラッシュメモリから、古いMacのiTunesに音楽を入れる。

古いMacとiPodclassicをつないで、音楽を入れると、曲名も読み込んでくれる。

古いMacに、CDを入れて、iTunesに読み込むと、ネットにつながっていないから、曲名が入らない(トラック1とかになる)。

おかげで、トラック1という名前がたくさんできてしまった。

聴けばどの曲かわかるけれど。

聴いているときは、いちいち本体を見てはいないので、あまり気にならなくなった。

重たくて、外に持って歩けないし、充電ができないから家の中で使うのに向いている。

最新式のiPodtouchはどういうわけか調子が悪い。

ネットにつながらないので、音楽だけを純粋に聞けばいいのかもしれない。

iPhoneがあるからあまり出番はないけれど。

古いiPodclassicで音楽を聴いているので、お金が無駄にならなくてよかった。

もう部品はないだろうから、壊れたらおしまいだけど。