今期も後残り1ヶ月半

通っているテニススクールの一期が3ヶ月単位なので、今期は9月末まで。

残り1ヶ月半でどこまでレベルアップできるのかはわからない。

仕事を始める前に、初中級へ上がるとっかかりをつかんでおきたい。

つまり「次がんばれば上がれますよ」みたいな。

来期から上がれるとはとても思えない。

なぜなら、まだスマッシュを決められないし、コースを狙って打つことができていない、サーブも安定していない。

いつかは上がりたいと思っているので、今できていないことを一つでもできるようにしたい。

今年いっぱい(今期の残りと来期)がんばって、来年には上がれるようにしたいのだが、一度コーチに相談してみよう。

試合に勝って実績を作ろうと思ったけれど、だめだった。

普段のレッスンの中で、できていないことをできるようにしていく。

全員のレベルが同じように上がっていれば、そのまま持ち上がりで次の級に上がる可能性はある。

金曜日の夜の初級クラスは去年までは初心者クラスだった。

水曜日と日曜日の午後のコーチ(チケットでよく顔を出す)が言うには「浅い球の処理ができていないから、試合でもポイントを取られていたんだよ」と言われたので、ボディーショットやストレートアタックなどの攻撃ができるようになれば(相手の体に直撃はなしで)、上に上がれるきっかけになるのかもしれない。

いつも「守り」のテニスをしているみたい(守り切れていないが)。

「守り」もできて「攻撃」もできるようになれば、試合にも勝てるようになるのかもしれない。

ただ、コーチが出す速い球にも少しずつ反応できてきている。

ボレーはよく褒められる。

自分で気づいたことは、バックハンドも最近ではネットを越えられるようになってきた。

フォアハンドも深い球を返せるようになった。

深すぎてアウトしてしまうけれど、ぎりぎり落ちることもある。

サーブに対するレシーブがまだ完璧ではない。

練習試合でもよく失敗する。

強いサーブならいいのだが、浅いサーブだったりすると処理がうまくいかない。

無理に強打しなくてもふんわりと返せばいいけれど、ボレーヤーの餌食になっている。(ネットしてしまったり、アウトしたりも)。

ボレーヤーの横を抜くように(つまり相手チームの後衛)の方へ返すしかない。

ロブをあげるとか。ドロップショット。(ドロップボレー)。

頭ではわかっているが、いざコートにたってみると、甘い球をあげていることがよくある。

練習試合でチーム戦をやることがあるが、自分がコートに入っていないときに、他の人の動きを観察してみよう。

自分のだめなところに気づけるかもしれない。