レノボタブレットで、Windows10へのアップグレードはあきらめた

レノボタブレットは容量不足のため、Windows10へのアップグレードを断念する。

ディスクのクリーンアップをしても、時間ばかりかかって、バッテリーが消耗していたから、途中でやめてしまった。

アップグレードは中断したままで、次に起動したときは、アップグレードを「やめる」を選択する。

アップグレードを強行して、起動すらしなくなっても困るから。

レノボタブレットは、当面は手放すつもりはない。

もしかしたらいつかは手放すかもしれない。

その時は、別のものを買い替えるときにしよう。

新しいものを買うので、古いものを打って処分するというほうがいい。

最近手放したものだって、「ほとんど使っていない」から処分したのだ。

レノボタブレットは、使っているほうだ。

キーボードに多少問題はあるにしても、気に入っている。

タッチ操作にもやっと慣れてきた。

Wi-Fiも一度接続すれば、めったなことでは切断されないし。

外へ持っていくことはいまだにしていないけれど、家の中でもしっかり使っていればいいのだ。