WiMAXはモバイルWi-Fiルーター

WiMAXはモバイルWi-Fiルーターのはずなのに、タブレットやスマートフォンで利用すると、接続が突然切れることがある。

デスクトップパソコンで利用している分には、快適に使えるのに。

2階の部屋に持ってくると、電波が強くなるから、途切れることは少ない。

クレードルを購入するまでは、1階でよく利用していたが、接続が切れることはなかった。

WiMAXを使う前まで利用していた、Wi-Fiルーターは2011年ごろから使っているので、3年ちょっと使ったことになる。

WiMAXは今月でやっと丸1年。

壊れるにはまだ早い。

あまりにも頻繁に途切れるときには、WiMAXを再起動するときがある。

ここ2日ほど1回は再起動している。

スマートフォンのように機種変更したほうがいいのか?

 

タブレットとWindows10

タブレットとWindows10は相性が悪いのかもしれない。

デスクトップパソコンとは相性がいいようだが、タブレット(もしかしてレノボだけ?)とはあまり相性がよくない。

あと、レノボは買ったときのセットアップ画面が英語だった。

セットアップ終了後に日本語になった。

ところが、オフィスソフトを入れたらこれが英語で、結局言語パックを購入することになった。

今回も、レノボのyogaタブレット(windows)で、Windows10にアップグレードしたらセットアップ画面は英語で、セットアップ後も日本語にならなかった。

Windowsに依存しているものすべてが、英語表示。

設定画面も、コントロール画面もすべてだ。

ブラウザもマイクロソフトエッジは英語になっている。

とりあえず、Googlechromeでブログが更新できるようになってよかった。

日本語が入力できる

Windows10にアップグレードして初めて、日本語が入力できるようになった。

昨日は、アップグレード後全くネットにつながらなかった。

Windows8.1に戻そうとしたら「バッテリー不足なので電源に接続してください」というメッセージ。

今日、バッテリーをフル充電して、再度試みるも「電源に接続してください」と表示、電源に接続すると「フラッシュメモリを挿入してください」というメッセージが出て、どうにもならない。

いろいろやっているうちに、どうにかネットには接続できるようになったが、今度はブログの画面で日本語が入力できない。

アップグレードしたことで、キーボードを認識せず、なぜかアルファベットだけは入力できる状態。

キーボードはベアリングをして認識した。

しばらくしてから、ブログの画面でも日本語が入力できるようになった。

デスクトップパソコンでアップグレードがうまくいったので、油断していた。

Windowsに依存しているプログラムはすべて「英語」表示になっている。

このブログはGooglechromeで書いているので、ブラウザも日本語になっている。

接続が切れるといけないので、一度保存する。