パソコンが得意、不得意

パソコンが得意か、不得意かは、年齢や性別には関係ない。

自分は、興味を持ったので、30過ぎからパソコンを始めた。

誰に言われたわけでもなく、ある日中古のノートパソコンが手に入ったから。

中古だけに、MSDOSが入っていて、それをwindows3.1にした。

雑誌を調べてパソコンショップを探し当て、一人で店に入っていって、店長さんに相談してみた。

「家計簿ソフトを使いたいんです」と言った。

MSDOSのバージョンが古いにもかかわらず、windows3.1はめでたくインストールできた。(お店でやってくれた)。

やっとパソコンデビューしたと思ったら、キーボードにお茶を飲ませてしまった。

その後、何とか夫を説得して、デスクトップパソコンを手に入れた。

私のパソコン人生?はそのときから始まった。

その後、子どもも成長し、我が家のパソコン周りも少しずつ充実していった。

買った当初は、パソコンは「金食い虫」でしかなかったが、子どもが小学校に上がる頃には、パソコン教室で「インストラクター」の仕事にありついた。

せっかく手に入れた仕事も、「経営破綻」に陥り、給料さえもらえず、ただ働きが3ヶ月になろうとしたところで「退職」した。

その後は、色々あって仕事から離れたが、パソコンだけは使い続けた。

パソコンを使うことが苦にならなかったし、スマホやタブレットにも手を伸ばして、デジタルライフは充実している。

結局の所「やる気、やりたい」という気持ちさえあれば、年齢性別に関係なく、それなりに使えるようになるのだ。

パソコンは、今と私が使い始めた頃と、どっちが難しいのだろう?

もしもあのとき、ノートパソコンにウインドウズを入れなかったら、パソコンを買うのをあきらめていたら?

今やっと、パソコンを買えるようになって、実際に買ったとしたらどうなのだろう?

パソコンではなく、タブレットを買っていたかもしれない。

あるいは、ガラケーを使い続けていたかもしれない。

たまたま、買うのを承諾してもらったので、パソコンを使い始めることができた。

使い続けていたら、パソコンでの仕事が舞い込んだ。

今は、ブログを書いたりはしているけれど、それで収入があるわけではない。

それでも、パソコンやスマホやタブレットを使っていると楽しい。

人から言われて、勉強しているわけでも、教室に通っているわけでもないからかな。

自分から進んで、パソコンのことを調べたり、使ったり、拡張したりしたから。

ちょっとくらいつまずいても、本やネットで調べて解決してきた。

Q&Aサイトをのぞいて、パソコンがらみの質問を読んでいると、なんだか歯がゆい感じがする。

Q&Aサイトまでたどり着けるのならば、もっと詳しい説明をしているサイトも探せ出せるのではないかと思う。

ネットでわからなければ、書店に行くとか。

知り合いの詳しい人に聴くとか。

なぜ、Q&Aサイトなのかと。