今日のレッスン

火曜日の朝のレッスン(11時スタート)に久しぶりに参加した。

以前のコーチとは変わっていた。

初めてのコーチだったけれど、説明がわかりやすくて感じのいいコーチだった。

レッスンの終わりに練習試合もあってよかった。

負けチームの「罰ゲーム」も面白かった。

負けたチームが勝ったチームとじゃんけん勝負をして、じゃんけんに負けたら、「ダッシュして戻ってくる」というのをやった。

私がいるチーム(3人チーム)が試合に負けたので、じゃんけんをしたら、一人目は勝った。

2番手の私が負けて、1回目のダッシュ。

3番手も負けて、2回目のダッシュ。

相手は4人チームだったから、最初にじゃんけんをした人がもう一度やって、勝ったので、レッスンは終わった。

点差はわずか2点だったから、試合としたら面白かった。

個別練習で、ボレーボレーとストロークラリーについて。

ストロークラリーはともかく、ボレーボレーは「30回続けられるように」といわれたにもかかわらず、相手の人が速い球を打ってくるので、10回も続かなかった。

端と端にお互いが立って、クロスのボレーという指示だったのに、相手の立ち位置が真ん中だったのでやりにくかった。

ボレーボレーは二人とやったが二人ともが、真ん中に立って、速いボールを出してきた。

コーチの説明をちゃんと聞いていなかったのかな?

ほかのレッスンに出たときも、相手が速い球を出してくるから、おかげで鍛えられて、ボレーがうまくなった。

ストロークラリーもコーチからはいつも「山なりのボールを打ちあって、長く続けるように」という指示が出るのだけれど、だんだんと速くなってくるので、よほど相手が粘り強く返してくれない限り、続かない。

こっちは、返しにくい球でも必死に返すのだけれど、相手はちょっとでもそれると返してくれない。

ネットの上からラケット1本分の高さで来るから(しかも速い)、こちらが高い球を上げるのも大変。

ネットの上ラケット2本分の高さで打ち合うようにという指示なんだけどね。

ただ、ラケット2本分の高さでも、深いところに飛んでくると、返しにくいんだな。

サービスラインから1メートルくらい後ろがちょうどいい(ワンバウンドの落下点)。

実際は、サービスラインから2メートルか3メートルくらい深い球がきたり、逆に、サービスラインより前にボールが落ちてくるので、こちらが前に行かされる。

人によって癖があるから、深い球で速い人、深い球で山なりに来る人、ボレーぐらい浅くて低い球の人、いろいろいる。

いろいろな人と打ち合っていると、自分も少しはうまくなるかなとは思う。

一度、速い球が飛んできたら、ロブを上げてみようかと思っている。

一度、ロブを上げたことがあった。

あと、わざと山なりの球を返したりとか。

こっちもうまくなりたいから、相手の球をうまく利用している。

相手がうまい人なら、ロブを上げてもゆっくり目の山なりのボールを上げても、返してくれる。

逆に、うっかり速い球を返してしまうと(しかも深いやつ)、ラリーが止まってしまう。

男性の場合、相手のほうがうまかったりするので、こっちが多少コースをそらしても返してくれる。

ラリーが続くにつれて、速くて鋭い球が返ってくるのだけど。

どんな球でも、ラリーが続くと気持ちがいい。

9月はあと1回(金曜日の夜)でおしまい。

10月からはフリークラスだから、前倒しで予約しておこう。

勤務表ももらったことだしね(仕事)。