荷出しに入るのが遅れた

来るなり、牛乳を補充していたら「納豆補充しておいて」と言われた。

戻ってきたら今度は、「平台の売り出し商品と、定番のヨーグルトの補充もして」と言われた。

見切りに入って、終わったと思ったら、牛乳を補充することになった。

やっと終わって、荷出しに入った時間を見ると、すでに19時を回っていた。

今日の人数は3人。一人入ったので、3人の日もあるのだ。

ドライと飲料の乗った6輪台車を売り場に持って行った。

飲料を出し終わって、バックに戻ったら「お酒の入ったオリコンをやって」と言われた。

「時間計ってますよね、記録しないといけないから測ってくださいね」と言われた。

時間を測ることは知っているから、今更言われるまでもない。

確かに、仕事が速いので上からの「受け」はいいんだろう。

だからと言って、私に「先輩風」を吹かせるのは許せない。

あれほど「尊敬しています」と言っていたのに、今となってはかなり私を馬鹿にしている。

ま、最初から気にくわないとこっちは思っていたから。

ライン、「解除」しちゃおうかな?

上司に言って、私とのシフトを減らしてもらったみたいだ。

こっちだって、あの人と同じシフトはごめんだよ。

新人さんにしたって、こっちには話しかけてこない。

その新人さんと、二人だけのシフトの日があるんだけどな。(9日)。

まあ「教わった通りにやればいいよ。私からは何も教えることはないから」とでも言っておくか。

特に頼まれていないし。

下手になんか教えて「他の人から教わったことと違う」なんて言われたら嫌だし。

8台分の荷物が来たら、3人で協力して8台を出すのが普通だと思うのに。

一人平均2.5台出せばいい。

それを自分だけがたくさん出せばいいみたいに思っている。

そりゃあ、速く出せるでしょうよ。段ボールはそのまま、ゴミもバックヤードにほったらかし、在庫に戻すものもバックヤードに置きっぱなし。

それじゃ、片付けに時間がかかるはずだわ。

自分は、段ボールはサッカー台に持っていくし、ゴミもある程度たまったら捨てに行く。

在庫に戻すものについては、バックヤードに置いていくことはあっても、片付ける時間を確保している。

一人何台出せるかを記録する前は、21時15分を過ぎた時点で「そろそろ、カバーをかけますか?」とか「キリをつけましょう」と声をかけていた。

それが、一人何台出せるかを記録するようになってからは、「カバーをかけに行く時間も惜しん」で、荷物を出している。

終わる時間がキッチリでも、荷物が残っていたらダメ。

荷物がある程度出せても、時間がかかりすぎたらダメ。

いったいどうしたらいいんだ?

自分さえ、仕事をたくさんこなせれば(荷物をたくさん出せれば)いいと思っている?

片付けと同時進行でやっても、仕事が遅いから上司からのウケは悪いし、後輩どころか新人にも馬鹿にされる。

時間キッチリに終わって、なおかつ残りが少なければいいのだろうけれど、メンバー全員が協力しないうちは、時間ばかりかかるだろうな。

私は、ゴミや段ボールや、在庫をほったらかしにすれば3台出せたとしても、片付けにその分時間がかかるのならば、出すのが1.5台もしくは2台になったとしても、片付けもこなしながらなるべくたくさん出す方を選ぶ。

応援がいなくて、ナイトカバーをかける日だってあるんだ。

荷物がたくさん残って叱られるのは仕方がないけれど、荷物はほとんど出せているのに、終わる時間が遅いと叱られるのは、正直ふに落ちない。

見切りを手抜きすれば、荷出しに早く入れるんだろうけれど、それはしたくない。

賞味期限が長く取ってあるものは、毎回見る必要はないかもしれないが、一応チェックすることになっているから。

他の人は、多分、チェックに時間をかけていないんだ。

荷物が来る時間がだんだん早くなっている。

18時には荷物が届いているけれど、18時だとまだ「見切り」をやっている時間だ。

飲料の荷出しをする時に、在庫から6輪を持ってきて、見比べながらやるのがいい。

売り場が狭くなって、迷惑するのはお客さんだろうけれど。

荷出しや、補充している時に、お客様に質問されることもある。

昨日は、「ちょっとトイレに行ってくるから、カート預かって」と言われた。

しかも「ネーちゃん」呼ばわりされたし。

一生懸命やっているところを見てくれている人は、いると思うけれど、どうなんだろう?