テニスの試合が終わった

今回は新しいペアと出場した。

結果は、1勝3敗で、順位は4位だった。

正直、「セルフジャッジ方式」という試合に疑問を持っている。

というのは、レッスン最後の練習試合は、コーチがカウントしている。

セルフジャッジの練習をするには「レンタルコート」で、メンバーでやるしかない。

今回は、立ち会うコーチが二人と、今までと違い一人足りなかった。

そのため、試合ごとに、コーチが立ち会っているわけではなく、対戦相手によっては、スコアが全く分からない状態で、試合が進むこともあった。

第1試合も、自分のチームが「2-0」とリードしていたにもかかわらず、最終的には1ゲームやり足りてなかったのに、「1-4」ということにされてしまった。

コーチは途中から来て、中途半端に話を聞いて、こっちの言い分をちゃんと聞いてくれなかった。

第2試合は、相手もある程度スコアをわかっている人たちで、何とかこっちのチームが勝利することができた。

第3試合も、スコアがわかっている(と思いたい)相手で、問題なく(負けたけど)終わった。

問題は、第4試合で、相手は何度も試合に出ていて、ある程度スコアの数え方もわかっているはずなのに、スコアの「コール」もなく、こっちのコールに対して「返事」がなかった。

そのため、何度も中断した。

ゲームセットもよくわからないまま、終わってしまった。

ちゃんとスコアを取っていても、順位は変わらなかったかもしれない。

けれども、試合に取り組む気持ちが違っていたと思う。

次回は「ミックスダブルス」が予定されているけれど、ペアが見つかれば出るかもしれないが、正直考えてしまった。

もちろん、サーブも決まったし、ペアの人がフォローしてくれて、試合そのものは勝敗にかかわらずよかったと思う。

レンタルコートをもっと利用して、セルフジャッジを完ぺきにするしかないのだろう。