テニスが上手くなる方法

まずは楽しむこと。

自分が気に入ったウェアを着て、レッスン中は他のことを考えずに、集中すること。

左手のテニスは、今年の4月から始めた。

今ちょうど半年経ったことになる。

まだ初級へ行くのは難しいかもしれない。

左手で通っているスクールの方が、初級への道は「難しそう」。

初級のレッスンを見ていることがあるのだが、右手で通っているスクールの初級クラスの「日曜日クラス」や「平日(火曜もしくは水曜)夜クラス」ぐらいのレベルが普通みたいで。

初心者クラスにしても、右手で通っているスクールで、入会して半年以上経ったメンバーが集まってるクラス並。

それでもできる限り早く「初級(左)」クラスに上がりたい。

初心者クラスだと、人数が少なくて、新メンバーがいない時は、サーブを打たせてもらえるけれど、人数が多いと、サーブの練習はできない。

初級に上がれば、サーブを練習する時間を確保してもらえる。

右の時に「上手くなりましたね」と言われたのは、はじめて1年くらい経った頃だったか。

その頃には、マイラケットをもっていたかな。

シューズの方は、ラケットよりも後に買った。

上手くなったのは、同じ曜日同じ時間同じコーチについたから。

そのコーチが、松岡修造さんみたいな人で、上手くできるとすごく大げさに褒めてくれるのだ。

できない時には、できるまで何度でも同じところを教えてくれる。

他の人よりも上達は遅かったけれど、覚えたらいつのまにか追いついた。

私のレベルに合わせて、個別レッスンをしてくれたので、上達できたのだと思う。

それでも初級に上がるまでに、1年と7ヶ月かかった。

(スクール開講が5月だったから)。

ただ、最初から左手を使えばよかったのかなと今は思っている。

ボーリングを左でやっているのに、テニスはなぜ右?

右で初級に上がって、2年と10ヶ月くらいになる。

でも、初中級への話はこない。

両方の手が使えるのはいいのかもしれないけれど、右をやめて左だけにした方が、初級への道がひらけそうなきがするし。プロではないので、両方使えても仕方がないと思う。

自分も右を封印して、左だけにしたいのだ。

ストロークとボレーについては、だいぶ形になってきた。

スマッシュはまだ、左はタイミングが取りづらい。

右手もタイミングが合わない時があるくらい。

サーブはあまり練習させてもらえないけれど、右とは違ったサーブ(フラット)になっている。

左で、上(上級)を目指して、いつかくさトー(草の根トーナメント)に出られたらいいなと思う。

それまで、のんびり楽しく頑張ろう。

テニスを続けたいから、仕事も頑張れるし。