お金を稼ぐというのは大変ということはわかっている

品物を補充したり、お客様の対応をしたり、来た荷物を出したり、棚を整えたり(前出し)、今やっている自分の仕事だ。

一人でやるわけではない、シフトは3人から4人いる。

今月から人が増えて、全員だと7人だけど、7人のシフトの日はない。

多い日で、6人(11月のシフト表)。

少ない日は2人だ。

少ない日に荷物がたくさん来ないという保証はない。

一人が何台出すというよりは、自分の出した6輪の残り(ゴミとか在庫に回すもの)は、自分で片付けるようにしてほしい。

もしくは、片付ける時間を計算の上で作業をしてほしい。

すごく仕事の早い人がいる。

その人は、6輪台車の残り(ゴミとか在庫に回すもの)をバックヤードにほったらかしで、次の6輪台車に移っている。

たくさん出せるかもしれないが、ほったらかしたものを片付ける時間を計算していない。

だから、その人と同じシフトになると、必ず帰りが遅くなる。

他の人も一緒の日ならまだいいけれど、二人きりだともうダメ。

私があまり出さずに、片付けをするしかない。

そういう時に限って、応援がない時もある。

応援があれば、片付けだけでも手伝ってもらえる。

上司は結果だけを見ているから、「人数を割いているのになぜ全部出せないのだ」という。

のんびりやっているつもりはない。

一生懸命やっていても、その日に限って、お客様にやたらと話しかけられたり、サンドイッチの見切りが多かったり、牛乳の補充で忙しかったりする。

そういう事情も無視して「なぜ全部出せないのだ」と責められ「なぜ時間内で切り上げない?」と責められる。

私が来年の更新時は、「夜間」から「昼間」に変わりたいのはそういう理由。

どの時間帯に移っても、荷出しをすることには変わりはないだろうが、メンバーが変わる。

まあ、今の所こっちからやめる気は無いので、「クビ」にならないように頑張ろう。