好きなことをやらなくなった

私が好きなこと、写真を撮ったり、ドライブしたり、パソコンをやったりをしなくなった。

やっているのは、ワンコの世話とテニスと、読書、ゲームくらい。

写真を撮りに行きたいけれど、毎日母のところに行かないといけない。

仕事をしているのは、大好きな(今の所は)テニスを続けるため。

庭もほったらかし。

家の中のこともあまりやらなくなった。

買い物と洗濯は仕方なく。

掃除は、子犬がクッションのわたを出した時にはする。

読書はともかく、ゲームは楽しくてやっているわけではない。

現実から逃げるため。

楽しいことは、以前は他にもたくさんあった。

今は、最低限。

唯一いいことは、仕事を始めたこと。

自分の自由になるお金があるのはいいことだ。

社会とも繋がっていられるし。

テニスにしても、一人でできるスポーツではない。

少しずつやっていくしかない。

できていることを数えて、できていないことはあえて数えない。

できていることに加わるのを待つだけ。

焦っても仕方がない。

カワセミが近くに来るまで待っているように、やりたいと思えるまで待つしかない。

義務ではなく自発的に。