気分で仕事をする上司の下で働くのはきつい

その日の気分で仕事をする上司の下で働くのはきつい。

はっきり言って、直属の上司以外にも気分で仕事をする人はいる。

ちょっとおとなしそうな人を見抜いて、八つ当たりしてくるのだ。

これも「パワハラ」って奴じゃないのかな?

もちろん、「モラハラ」もあるし「いじめ」もある職場。

1年なんとか続けられたけど、この先後何年続けられるかな?

ちょっと自信がなくなってきた。

仕事で、何か認められるものが見つかればいい。

接客は自信がある。

でも、チェッカー(レジ)は嫌だけどね。

コンピュータは好きだけど、チェッカーは今回応募しなかった。

しなくて正解だと思った。

チェッカーさん、ストレス溜めていそうだから。

でもフロアの人間だって、ストレス溜まるよ。

在庫の補充に始まって、荷出し、前出し、バックヤードの片付け、接客、ナイトカバーとやることは山ほどある。

その日着いた荷物の数、シフトの人数によって、段取りを組まないといけない。

閉店時間の音楽が鳴ったら、片付けを始めるとか。

荷物をあくる日に残すのは忍びないけれど、勤務時間オーバーしてまでやると怒られる。

荷物を残しても怒られる。

「別の日の3人はちゃんと出せたんだから、頑張ってよ」と言われた。

「比べるな!」と言いたい。

だって、出せなかったものは仕方がないでしょ。

「次は頑張ってね」ならまだいいんだけど。

荷物が早く着きすぎたら、一人は、もう荷出しを始めて、残りが在庫の補充をするとか。(在庫とかぶるのか怖いので、補充からやっているだけ)。

全員で、補充が終わるまで頑張って、全員で荷出しを始めるのも構わないけれど、あまりウマの合わない人は、補充はしていても、荷物はすでに売り場に出している。

6輪台車を2台いっぺんに運んだりすることは、一度注意を受けていたはずなのに、またやっていた。

6輪台車ごと持って行かずに(ドリンク以外)、2段台車に移し替えて持って行けと言われているのに、守っていない人もいる。

自分がやりたいものを確保して、「これ私がやりますから(手を出さないで)」なんていう。

どういうわけか、昨日は来ていなかった。(シフトなのに)。

連絡有りなのかなしなのか、上司が何も言わないのでわからない。

今日も同じシフトなんだよな。

春に始めた子と3人。

だから、その人が今日も来ないと、2人ということになる。

それは勘弁してほしい。

病欠なのか、用事があったのか、勤務時間オーバーで、調整のための休みなのか、わからない。

シフトのメンバーで話し合って、段取りを決められればいいのだけど、そんなにまとまりのあるチームじゃないし、今更それは期待していない。