モバイルバッテリーを持っていないと、バッテリーがすぐになくなる

丸一日、電源を入れておくと、モバイルバッテリーなしでは、充電がもたない。

家にいるときには、充電器につなぎっぱなしだ。

出かけるときは、車がほとんどなので、バッテリーが少なくなったら、車の中で充電ができる。

問題は、車に乗っていないとき。

やはり、モバイルバッテリーを持ち歩かないとダメなのだろう。

長年iPhoneを使っているので、操作にも慣れているから、他の機種を使うのは、中々難しい。

とはいえ、最近Androidスマホを手に入れた。

色々不満はあるけれど、(カメラ機能とか)バッテリーだけは長持ちする。

そこは料金もだけど魅力的だ。

iPhoneを分割が終わったら、解約しても構わないと思った。

あるいは、分割が終わったら、しばらくそのままで機種代金が貯まったら、機種変更(iPhone7plus)しようとも思っている。

ただし、オンラインサイトで。

店頭にはいかない。

店頭だと待たされるし、セットアップも勝手にやられてしまうから。

カメラ機能は、やはりiPhoneにはかなわない。

自分のAndroidスマホがたまたまダメだったのかもしれないけれど。

契約したのだから仕方がない。

しばらく2台持ちを続けてみるのもいいかもしれない。

英会話スクールに体験に行った

確かに「体験」を希望したけれど、わたし的には「入会」する気満々で行った。

体験はたったの20分だったけれど、楽しかった。

実際のレッスンは40分らしい。

「どうぞ検討してください」と言われて「入会することに決めました」と言ったら、相手がびっくりしていた。

選んだクラスは「マンツーマン(固定)クラス」だった。

グループレッスンだと、メンバーのレベルで内容も変わってくるし、ブランクがあるので、最初はマンツーマンがいいと思った。

体験レッスンでも、私が聞き取れない時には、ボードに「書いて」くれた。

レベルは、一番下よりも一個上のレベルから始められるらしい。

受付の人が、「今日は月謝をお持ちでないでしょう?」と言ったので「持っています」と言ったら、またびっくり。

たまたま持っていたのだ。

ただ、「印鑑」だけは持っていなかったので、正式な手続きは後日ということになった。

立ち寄ったついででいいからと言われた。

別れ際に「クーリング・オフは8日以内ですよ」と言われたけれど、私が辞めるとでも思ったのかな?

まあ、向こうはマニュアルどおりに言ったのかもしれないけれど、「商売気がない」というか、なんというか。

以前勤めていたパソコンスクールでは、体験や直来(直接来校)で「入会」させないと怒られた。

私がすぐに「入会」を決めないと思ったのかな?

ウェブサイトの案内でも、入会時に必要なものが列挙してあったかどうか。

まあ、今でこそ再建して再スタートしたけれど、一時期はすったもんだがあったスクールだから。

10回お試しレッスンが、近所にあればそこにしたんだけどな。

1回だけじゃわからないものね。

今日体験しても、正式入会は来年だから。

1ヶ月単位だから仕方がないか。

講師がネイティブというところが魅力だったし、グループレッスンの値段が全て込みで安い(1万円)だったのも決め手になった。

まあ、実際に選んだのはマンツーマンで、値段も2万円だったけれど。

テキストは「レンタル」という話だったから、別途購入した。

予習も復習もしたいから。

スマホアプリも月会費払って使ってみようかと。

テキストは、ウェブで買ったほうがお得だった。

CD−ROM月テキストというのもあったし。

ただ、レベルアップがどのくらいであるかわからないから、レッスン受け始めてから考えることにした。

英検だけでなくTOEICも挑戦してみたい。

聞き流す英会話教材も魅力だったけれど、実際に顔を見てやるほうが楽しいし、上達も早いと思うのだ。

聞き流すのはあくまでも、時間がない人向けかな。

もちろん、「家で習うコース」もあったのだけれど、通信教育と変わらないから。

ヘッドセットということは、こっちの顔だけでなく、背景も映るから、スクールに行くほうがいいかと。

月謝は、とりあえず「現金」で収めることにした。

口座振替も後から設定すればいい。

週一のテニスも今まで続けれてこられたから、一応「得意」としている英語なら続けられそうな気がする。

読むこともまた再開しようかと。

聞く方は「洋楽」でやっている。

見る方は、「字幕」で洋画を見ている。

単語力を磨くためのアプリはダウンロードした。

人と話すことは嫌いではないのだろう。

継続すれば、ものになる。

テニスも英会話も。