時々、何もかも放り出したくなる

時々、何もかも放り出したくなる時がある。

金曜日以外、自由に時間を使えないから。

例えば、金曜日以外の日に仕事が休みでも、病院に付き合ったり、買い物をして立ち寄ったりする。

1日どこかに出かけることが金曜日以外できないのだ。

数時間だったらできるけれど、それだとできることが限られてしまう。

毎日、自由に時間を使いたい。

仕事だって、フルタイムでやりたい。

まだ、53歳なのだ。

子どもは成人しているし、本当は昼間だって働けるのに。

それが、夕方からの数時間だけ。

それで月に7万から8万円。

フルタイムで、家電量販店で働いていた頃は、15万円くらいもらえた。

どんなにお化粧がうまくなっても、オシャレがうまくなっても、それだけじゃ、お金はもらえない。

もちろん、お化粧は必要最小限したほうがいいし、オシャレもしないよりはいいかもしれない。

けれども、着ない服を気まぐれで買っても意味はない。

普段着とよそ行きと、下着と、靴下、パジャマ。

靴下は破れるから、たくさん欲しいと思う。

それでも、店に行くたびに買うほどじゃない。

私にも買ったきり一度も袖を通していない服はある。

少しずつ捨てようと思う。

今着ているやつを捨てて、それを着るのもいいかもしれない。

収納仕切れない服は必要ないのだ。

もちろん、服に限らない。

台所用品にしても、調味料にしても、使わないものは、捨ててしまうことだ。

ゴミの日が、週二回だから、前日に捨てるやつを決めておく。

資源ごみは、週一回だし、不燃ごみは月二回。

ちゃんと利用して、家の中を少しずつ片付けていく。

そういうことをしていると、「何もかも放り出したくなる」という気持ちも薄れてくるかもしれない。

家の中が片付かない、とか、時間が足りないという問題は、少しずつ自分で解決していくしかないのだ。

書いたら少しスッキリした。