健康診断、仕事他

健康診断に行った。

もう一人の人も来た。

全く同じ時間というのも嫌だったので、少し早めに行った。

30分違えば、あまりかちわない。

それにしても、全く無視されたんだが。

それはいいとしても、どうやらこっちも「収入制限解除」と「労働時間の延長」の希望を出していたことを、あまり知らなかったようだ。

だから、病院であった時にびっくりしたのかと思ったが、全く目も合わせなかったから、どうなのかと。

話すチャンスは実はあった。

ところが、相手がまるでこっちを避けるかのような行動をとった。

こっちは、医師の診察を残すのみだったので、まああまり時間もなかったが。

医師からは、「これで終わりです」と言われたのみで、結果の報告はなかった。

その日は仕事だった。

荷物は、1台(といっても量は半分)残った。

時間がなく、出せなかった。

ところが店長から私だけが叱られた。

「出しますか?ではなく出せ」、「時間内に全部出し終わるように」もっと「スピードアップしろ」と。

残った0.5台は私が出すべき荷物と思ったらしい。

一人が何台出すという決め方ではなく、全員で協力して全部出すようにという内容を面談で話したはずだが。

前出しをしながらなんだか泣けてしまって、「なんで私だけ!もうやめたい」とつい叫んでしまった。

店長も人間だから、機嫌の悪い時もあるだろう。けれども部下に当たり散らすのは、いい上司とは言えない。

叱り方としては最悪な叱り方。

「もう少し頑張りゃ」とか「やればできるんだから」とかいいようがあるはずなのに。

もちろん、他の人が「ナイトカバーを閉める」「ゴミ出し」をする、「空いた台車を外へ片付ける」などの雑用をすべて引き受けてくれるのなら、全部出せるかもしれない。けれども実際は、ナイトカバーもゴミ出しも、台車の片付けも私も参加しているのだ。

ナイトカバーも一部だけ、ゴミ出しと台車の片付けは人任せという人が、いつも早く終わって、他のことをやり始める。

15台荷物が来て、その日の人数が3人として、5台出し終わったら、他の仕事(補充とか)をするのだが、ゴミ出しや片付けは一切しない。

上司はそういうところ(特に店長)は見ていない。見ていても注意はしない。

早く終われる人が、ゴミ出しとかナイトカバー(ナイトカバーを閉めるときは、もう荷物は出してはいけないが)とか、台車の片付けを引き受けてくれたら、出せた荷物も過去にはあった。

私は私なりに一生懸命やっているのだが、残った荷物だけを見て「もっと早くやれ」とか言われても、、、。

保険に加入すれば、仕事で足腰を悪くしても、労災がおりる。

晴れて保険に加入できたら、精一杯無理をしてやろう。

今までは、会社の保険には未加入だったから、足腰を悪くするような無理はしなかった。

今度からは無理をすればいい。

労災でカバーしてくれるんだからね。

正直、あまりひどいことを言ったら、「パワハラ」で労働基準局に訴えることもできるのだ。

私が泣き出したので、慰めてくれた人がいるが、いつも早く終わって、他の仕事を始める人は、さっさとタイムカードを押して、帰っていった。

その人は、お店から出た後も駐車場で、話を聞いてくれた。

去年くらいから、保険に加入して、労働時間も私よりも多い人だ。

会社は仕事ができる人間は評価するが、そうでない人間には冷たい。

保険加入はいいとして、他の部署の手伝いをしてまでの勤務時間の延長はしなくてもいいと思う。

自分の今の仕事をやるだけで精一杯で、とても新しいことを覚えることは難しいと思う。