コーチには褒められた

コーチには褒められたのだけれど、練習試合の時「あと1ポイント」で勝負が決まるという展開になった。

ボールはコーチから出して、ボレーヤーのじゃんけんで相手から打つことになった。

そして、クロスのアレーコートに浅い球が帰って来た。

ベースラインまで下がっていたので、わざと浅い球を返して来たのだろうと。

浅い球を予測していれば、相手が打つと同時に走れば間に合ったかもしれない。

予測仕切れなかったこともあるし、できれば真っ向勝負がしたかった。

もう少し相手の性格を読むべきだった。

まあ、初心者クラスだからこんなものだけれど。

自分は上に上がりたいので、ここはもう少し相手のやり方を読むべきだった。

最後の3週のうち2週は「体験者」がいたため、サーブの練習が全くできなかった。

今日は、スマッシュまではできたけれど、サーブの練習ができなかった。

人数が10人いたから。

本当は12人のはずだったが、二人来なかった。

火曜日と金曜日の夜は、二人コーチの日なので、人数も自然と多くなる。

練習内容も濃くなるので、なるべく行くことにしている。

このまま左でやっていこうと思う。

初級はもちろん、できれば一番上(上級)まで目指したい。

試合も出たいなと思う。

初級以上にならないと色々なイベントに参加できないし。

その点だけは、以前通っていたところの方が良かった。