落ち着いてやればいい

立て続けに山盛りのカゴを持ってくるお客さんがいたら、ボタンを押していいと言われている。

にしてもさっきの時間は呼ぶべき人がいなくて、ちょっと大変だった。

買い物代金の後で、収入代行(払込票)の案件があって、交代の人が次の人呼ぼうとしたから焦った。

ちゃんと説明してから交代してもらった。

休憩の後またレジだ。

今日はラストの時間はレジじゃない。

明日は休みだ。

後ちょっと頑張ろう。

笑顔でいること

レジ打ちの時も笑顔でやるように言われた。

結構難しい。

ミスしないようにやるのが精一杯で。

向こうもタイミングを見て言っているんだろうから、そろそろという感じで言ってきたのかもしれない。

まあ、努力はしてみるけど。

やって行けそう

レジはいろいろ大変だけど、なんとかやって行けそうだ。

スメルハラスメントの件さえなければ。

夏だからこそ気になってしまうのかもしれない。

神経質になりすぎず、あくまでも身だしなみの範囲内で対策をすればいいことだ。

楽しくはないが、仕事として割り切る

レジの仕事は決して楽しいものではない。

けれども仕事として割り切ることにした。

まだ1ヶ月も働いていない。

「汗臭い」というクレーム。

対策は、着替え、シャワー、制汗剤、サプリメント、ボディソープ、食生活の見直し。

すべてやっている。

ただ、サプリメントは、食べるようになってから、痒くなってきた。

もしかしたら体に合わないのかもしれない。

こういうことを言うのはいけないのかもしれないけれど、私ならクレームの電話をせず、他の店に行く。

「汗臭い」(スメルハラスメント)って、夏だから汗をかくのは当たり前だし、ある程度は対策もとっている。

なのに、自分でも努力をしてみてって。

お風呂に入って、出勤前に仕事用の服に着替えている。

毎日お風呂には入っているし、洗濯もちゃんとやっている。

「午前中に仕事をしているの?」って聞かれたけれど、午前中から仕事ができるほど時間が有り余っているのならば、フルタイムで働くわい。

それに、出勤時間はまだまだ暑い時間帯。

シャワーを浴びたところで、汗はかいてしまう。

それに、汗をたらたら流してレジを打っているわけでもない。

なのに。

以前の職場では、もっと汗だくになったけれど、そういうことは言われなかった。

「汗だくになって、荷物を全部出せ」と言われた。

レジの仕事って、本当に色々なことを言われる。

家電量販店でもそうだった。

あの時は「レジの仕事から外してください」とか「もうやめます」なんて言ったんだっけ。

それで、レジをやらなくても済んだのだけれど、今回と似たようなことをお客様ではなく、上司から言われて、言われ方ももっとひどかったから、やめた。

そのあと2年くらい仕事をしなかったんだった。

気にかけるとか、気をつけるのはいいとして、気にしすぎるのはいけないと思う。

かえってストレスを溜めてしまうから。

「スメルハラスメント」とか言われて、すっかり加害者扱いなのは、正直面白くない。

けれど、仕事だから「はい、わかりました。努力します」って答えて、上に書いたみたいな対策をした。

それ以来言われはしないけれど、ちょっと人を疑うようになってしまった。

マスクをしてくるお客様に対して、「この人が電話してきた人では?」なんて思ったり。

それに、私はあれ以来、自分の脇の下の匂いを嗅いだり、朝から来ているTシャツの匂いを嗅いでいるが、柔軟剤とか、制汗剤の匂いはするが、汗の匂いはしていない。

あの日たまたまだったのかもしれない。

まだまだ慣れないので、緊張しているとか。

もう少し、温かい目で見て欲しい。

まあ、お客様というものは、店員のことなど、自分より下としか思っていない。

つまり、同じ人間なのに、まるでロボットみたいに思っている。

特にレジをやっている人に対してはだ。

スーパーのお客様の声欄をたまに読む(従業員だった頃は、休憩室で)のだが、ほとんどがレジに対するクレーム。

中にはサービスに対する要望もあるのだけれど、レジの人(実際に投稿されたものには名指しで)をひどく言っている内容だったり。

うちの職場でも「お客様の声」なんて置いたら、何を書かれることやら。

それでも仕事だから、明日も働きに行く。

 

続けられそうだけど

今の仕事は続けられそうだけど、レジは思ったより大変だ。

お客様もいろいろな人がいる。

エアコンがあまり効かないのか、レジにいると汗ばんでくる。(夏だし)。

店長から「お客様から、汗臭いですよと電話がきたので、気をつけてください」と言われた。

出社時間がまだ暑い時間帯なのに、「出社前にシャワーを」「着替えを持ってくる」「制汗剤を使う」「汗拭きシート」を使うなど、地味な努力を続けている。

「スメルハラスメント」と言うらしい。

食事休憩の時は、ナッツとフルーツを食べることにしている。

ヨーグルトや野菜ジュース、豆乳や豆腐などを食事に取り入れ、脂っこいものは避け、お酒も減らすようにした。

ボディソープも専用のものを買い、サプリメントも購入した。

専門書も購入して読んでいる。

避けて通れない問題とはいえ、これでストレスが溜まったら、元も子もない。

そういうことを電話で言ってくるお客様がいるというのが、レジの仕事が敬遠される理由なのかもしれない。

暑い時期から仕事を再開したのも不運だったのかも。

レジの仕事は、品出し、荷出しに比べたらかなり楽だけど、そのぶん神経を使う。

以前の職場に買い物に行った時に、仲良くなったチェッカー(今はレジとは呼ばない)さんと話をしていて、その人も「もう辞めたい」と言っていた。

そこのお店のお客様の声のほとんどが、「チェッカー」さんへの苦情だった。

勤めていた頃は休憩室に貼ってあったので、読んでいたけれど、「チェッカーでなくて良かった」と思ったものだ。

それが今新しい職場でチェッカーの仕事をやるとはなんとも皮肉なものだ。

専門の資格(登録販売者)を取るべく勉強中なのだが、手につかなくなってしまった。

今からでも遅くはないと思うので、少しでも勉強はしておきたい。