楽しくはないが、仕事として割り切る

レジの仕事は決して楽しいものではない。

けれども仕事として割り切ることにした。

まだ1ヶ月も働いていない。

「汗臭い」というクレーム。

対策は、着替え、シャワー、制汗剤、サプリメント、ボディソープ、食生活の見直し。

すべてやっている。

ただ、サプリメントは、食べるようになってから、痒くなってきた。

もしかしたら体に合わないのかもしれない。

こういうことを言うのはいけないのかもしれないけれど、私ならクレームの電話をせず、他の店に行く。

「汗臭い」(スメルハラスメント)って、夏だから汗をかくのは当たり前だし、ある程度は対策もとっている。

なのに、自分でも努力をしてみてって。

お風呂に入って、出勤前に仕事用の服に着替えている。

毎日お風呂には入っているし、洗濯もちゃんとやっている。

「午前中に仕事をしているの?」って聞かれたけれど、午前中から仕事ができるほど時間が有り余っているのならば、フルタイムで働くわい。

それに、出勤時間はまだまだ暑い時間帯。

シャワーを浴びたところで、汗はかいてしまう。

それに、汗をたらたら流してレジを打っているわけでもない。

なのに。

以前の職場では、もっと汗だくになったけれど、そういうことは言われなかった。

「汗だくになって、荷物を全部出せ」と言われた。

レジの仕事って、本当に色々なことを言われる。

家電量販店でもそうだった。

あの時は「レジの仕事から外してください」とか「もうやめます」なんて言ったんだっけ。

それで、レジをやらなくても済んだのだけれど、今回と似たようなことをお客様ではなく、上司から言われて、言われ方ももっとひどかったから、やめた。

そのあと2年くらい仕事をしなかったんだった。

気にかけるとか、気をつけるのはいいとして、気にしすぎるのはいけないと思う。

かえってストレスを溜めてしまうから。

「スメルハラスメント」とか言われて、すっかり加害者扱いなのは、正直面白くない。

けれど、仕事だから「はい、わかりました。努力します」って答えて、上に書いたみたいな対策をした。

それ以来言われはしないけれど、ちょっと人を疑うようになってしまった。

マスクをしてくるお客様に対して、「この人が電話してきた人では?」なんて思ったり。

それに、私はあれ以来、自分の脇の下の匂いを嗅いだり、朝から来ているTシャツの匂いを嗅いでいるが、柔軟剤とか、制汗剤の匂いはするが、汗の匂いはしていない。

あの日たまたまだったのかもしれない。

まだまだ慣れないので、緊張しているとか。

もう少し、温かい目で見て欲しい。

まあ、お客様というものは、店員のことなど、自分より下としか思っていない。

つまり、同じ人間なのに、まるでロボットみたいに思っている。

特にレジをやっている人に対してはだ。

スーパーのお客様の声欄をたまに読む(従業員だった頃は、休憩室で)のだが、ほとんどがレジに対するクレーム。

中にはサービスに対する要望もあるのだけれど、レジの人(実際に投稿されたものには名指しで)をひどく言っている内容だったり。

うちの職場でも「お客様の声」なんて置いたら、何を書かれることやら。

それでも仕事だから、明日も働きに行く。