今のところ順調に使えている

たまに突然「再起動」がかかることがあるが、わりと順調に使えている。

できれば「フロントライトあり」に買い替えたいぐらい。

本当に読みたい本が電子書籍化されていないので、一度ダウンロードして読んだ本を再度読み直している。

電子書籍で読んでいると、なかなか紙の本に戻れない。

紙の本の方がいいこともあるのだけれど。

小説だったら、電子書籍の方がいいのかなと。

文字の大きさを変えられるので。

あと、部屋が本だらけにならないこともある。

電子書籍だったら、容量だけを気にしていればいいこと。

紙の本もちょっと調べたら、コミックやマイナーな小説などは、査定価格が低い。

DVDの方が査定価格が高い。

ブルーレイはまだ買取価格としては認識されていないようだ。

自分が本当に読みたいと思っているのならば、紙だろうが電子書籍だろうが読むだろう。

ただ、今はもう読まない本については資源回収日に出すなり、古本屋に売った方が部屋が広く使える。

自分で電子書籍化にするほどの時間的余裕はないので、今は読まなくなった紙の本は、売るなり資源に出すなりして処分しようと思う。

電子書籍も「無料」のものならばいいのだが、有料のものについてはあまり高額なものは買えない。

根が下がっているものについては買うのだが、高額のものについては買うのを控えている。

だからこそ何度でも読みたいものを買うのがベストなのだと思う。