コーチの一言

「右利きなんだから、無理せずに右を使ったらいいのに」と言われた。

そこで、「実は左利きなんです」という説明をしたら「じゃあ左を使ったらいいね」と言われた。

結構いろんなコーチに説明しているんだけど、案外流されているんだなと思った。

自分が左を使いたいと思っているから使っている。

誰からも強制されたわけではない。

それとも左を使っている限り、上に上がるのは難しいというわけではないだろう。

右でできることは、せいぜいサーブくらい(まあ失敗もするけれど)。

トスはうまくあげることができる。

なぜなら、トスをする手が利き手の左だから。

左でサーブをあげるときには、右でトスを上げるので、なかなかうまくいかない。

それでもなんとか入るようにはなった。

かなりラインぎりぎりのところだけれど。

入りさえすればいいのだ。

セカンドサーブもなんとか入るようになった。

できれば、左で速いサーブを打てるようになりたい。

右で得意な、スライスサーブとかも左でできたらいいなと思う。

フォアハンドも、バックハンドも、フォアボレーもバックボレーもちゃんと左でできている。

この人は「右利き」という先入観があるから「右でやったらいいのに」という言葉になるのだろう。

本当は「左利きなんです」と何度説明したことか。

右でできることは、書くことと食べること。

それ以外のことはほぼ左でできる。

裁縫も、包丁も、ハサミも、ボールつきも、ボール投げも左のほうが遠くへ飛ぶ。

もちろん、ボーリングだって左でやる。

今日の担当コーチは、私が「右打ち」から「左打ち」に転向したことは知っていても、右打ちの時に担当したことはない。

つまり右打ちの私のことをほとんど知らないということだ。

それを知っているのは、最初は右打ちで入会したスクールのコーチだ。

結局は、私の気持ち次第なのだ。

右に戻したいと思えばそうできるし、左を貫きたいと思えばもちろんそうできる。

だから、コーチの言葉なんか気にせずにテニスをすればいいだけのことだ。