大勢は大勢なりに大変

今度の職場は、従業員も多くてある意味大変だ。

時間帯が違うので、全員と会えるわけではないが、同じ時間帯に会う人はほぼ決まっている。

自分は「レジ専任」で入社したので、接客とか品出しとかはあまりしない。

売り場の案内くらいはごくたまにする。(向こうから声をかけてくるので、移動中に)。

品出しは、メインレジに入っているときはできないので、やるとしたら閉店後(残業の時間)。

全員と仲良くなる必要はないのだけれど、「苦手かも?」という人はいる。

適当に距離を置いて付き合う方がいいみたい。

レジの仕事も、ミスが多くてちょっと落ち込んでいる。

他の人もしているのだが、だからと言ってしていいわけではない。

レジとして雇われている以上は、ミスは「ゼロ」にしないと。

まあ、まだ2ヶ月ちょいなので、慣れない部分もあるが、わからないことはちゃんと聞く(質問する)ようにして、自分の考えでやらないようにしないと。

一番迷惑を被るのはお客さん。

お釣りの渡し忘れ、預かったお金の入金忘れ、付属品の渡し忘れ、買い物をした商品の渡し忘れ、レジ打ちのミス(数など)、頻繁に起きているようで、朝礼や終礼でも話題になっている。

お釣りの渡し忘れは、小銭は取り出し口から取らないとアラームがなるので、本来は起こらないミス。(取りこぼしたか?)。

入金忘れは、タイミング(画面確認の後の、タッチする)が早すぎて、入金できていなかったのだろう。

レジ打ちのミスについては、気が付いたときはちゃんと訂正しているが、気がつかなかったことが1回あって、お客様に迷惑をかけた。

普通のレジでは、清算後の訂正はできないので、サービスカウンターをご案内することになる、その分お客様には時間を取らせることになる。

人間関係は別として、とりあえず仕事でミスをしないこと。

「レジのミスはしない」ようになれば、それだけ信頼されるのだから。

人間関係も大事だけどね。

インカムで指示を仰いで、アドバイスしてもらったら、ちゃんと「お礼」をいうとか。

レジが暇なときは、他のレジのサッカーに入るとか(なかなかできないけど)。

レジを交代するときは時間に余裕を持って行くとか。

ギリギリだとお互いに焦ってしまうから。

お客さんが途切れなくて交代できないこともあるけど。

時間通りに交代の人が来てくれないことがあって、ちょっとイライラした。

その日は、トラブルもあって仕方がなかったのかもしれないけれど、レジ交代が30分以上も遅れるなんてこと、今までにはなかった。

こっちも待たせるのは10分ぐらいでそれ以上は待たせないから、なぜ自分は30分以上も待たなくてはいけないんだろうと思った。

でも、立て込んでいるときは仕方がないのかもしれない。

メインレジ同士の交代なら仕方がないことなんだけど、そうではなかったから。

それくらいでは、仕事は嫌にはならないけどね。

お休みは後1日。

楽しもう。