無料本を読んでいる

アマゾンで、無料本を読んでいる。

無料で読めるミステリ作品だとか、洋書があるのだ。

洋書はあの一世を風靡した「ハリーポッターシリーズ」の「第1巻」を少しだけ読み始めた。

DVDも持っているし、翻訳本も持っていて、内容は分かっているから読めると思う。

この作品が「無料」で読めるというのが嬉しい。

ただ、どうしても頭の中で「英文和訳(翻訳ではない)」をしてしまうから、読むスピードは落ちるけれど。

集中力を必要とするので、細切れの時間ではなかなか読めないから、まだ本当にさわりの部分(魔法学校へ行く前の段階)しか読めていない。

和書のミステリ作品は、過去にドラマ化されたのでは?と思えるものを読んでいる。

まだ最後まで読めていないが、だんだんと結末はわかってきた。

お金を出して読んだものは、すでに読み終わっている。

時代によって読みやすいものは変わってきている。

購入したものは、「相棒」のノベライズと、赤川次郎の「三毛猫ホームズシリーズの最新版」だ。

今読んでいるものを読み終わったら、もう一度読んでみようかと思う。

過去に購入した洋書なんかもこの際だから読んでみようかと思う。

最初しか読んでいないものは、もう一度最初のページから読んでもいいのだ。

気になる単語は調べることもできる。

辞書も選べる(英和か英英か)ので、本気で活用すれば、エキスパートではないにしてもいっぱしの(初心者レベルの)洋書読みにはなれるかもしれない。

ゲームアプリを遊ぶとどうしても課金してしまうから、読書の方がいいのかなと思った。

ブログのネタにもできそうだし。

母の日セールはないのだろうか?

Kindle paperwhiteを格安で買おうと思っているのに、母の日セールでの価格は、2000円引きのまま。

アマゾンカードを申し込んだから、安値でのKindleを買うつもりだった。

なのに、2000円引きのまま。

父の日まで待つか、夏まで待たないといけないのだろうか?

それは長すぎる。(私にとっては)。

Kindle(フロントライトなし)を売ってしまったので、紙の本を読んでいる。

電子書籍の方が文字の大きさが変えられるので、読みやすいのだ。

お金に困って売ってしまったけれど、本当は売りたくなかった。

でもそのおかげで新しいのが買えるのならば、良しとしよう。

ただ、なるべく安い値段で買いたい。

というのは、必ず「カバー」がいるから。

カバーなしだと、何かあった時に困るので。

 

 

母の日セールに、Kindlepaper whiteを買いたい

アマゾンのKindle paper whiteは、直近だと「母の日セール」(5月に入ってから、母の日の四日前から当日までの間)があるようだ。

私が売り払ったKindleは、フロントライトがついていないので、暗がりでは読めなかった。

今度は、定価(といってもプライム会員は、2千円引き)では買わずに、母の日だと「7千円引き?」で買えるので、もう少し待とうと思う。

フロントライト無しも、実は、割引価格で買ったのだが、割引されるなら、フロントライトありを買っておけばよかった。

もう少しは、紙の本を読んでおこうと思う。

慣れればなんとかまだ読める。

まあ電子書籍リーダーにはかなわないけど。

Kindleを売った

Kindleを売ってしまった。

Kindle paperwhiteが、安くなっているときにまた買おうと思っている。

できれば自分のお金で出したい。

それまでは、iPad ProのKindleアプリで読書をするつもりだ。

iPad Proは大きいので、ベッドで読むわけにはいかないけれど。

その方がいいような気がする。

Kindleは売ったやつを入れて、2台目だ。

1台目は「Kindlepaperwhite」だったが、故障してしまったのだ。

なので2台目は、割引セール中だったけれど、あえて、「paperwhite」ではない方を購入した。

その代わり、暗がりでは読めなかった。

売った理由は「金欠」と、あるとどうしても電子書籍を「買って」しまうし、読んでしまうから。

経済的に余裕ができるまでは、新しいKindleも買わないし、電子書籍も買うのを控える。

電子書籍に慣れてしまうと普通の本を読むのはキツイけれど、古本で購入したり、図書館で本を借りてきて読むようにすればいいのだ。

あればつい新しい本を買ってしまうから。

iPad ProやiPhoneのアプリだったら、そんなに買い足さなくて済む。

iPhoneのアプリよりは、Kindle(電子書籍リーダー)の方が読みやすいし、iPad Proだと、重いので寝る前に読むには不向きだから。

iPhoneも読書をするには画面が小さいから、寝る前に読むのには向かない。

昼間、暇つぶしに読むくらいなら耐えられるけれどね。

結構使っていただけにちょっと寂しい気分だけれど。