iPadminiが恋しい

iPadminiがちょうどいい大きさだったような気がする。

iPhoneよりもちょっと大きめな感じが。

iPadproだとノートパソコンと大して変わらないから、自分からするとちょっと大きすぎな気がするのだ。

なぜiPadminiにしなかったのか?

iPadproを買ったときには、まだiPadminiが家にあったから。

iPadproを買った後で、iPadminiを売ったのだった。

iPadproがあるのに、iPadminiはいらないかと思っているので、中古ならば手に入るけれど買ってはいない。

それならむしろ、すでに販売を終了してしまった、iPodnano7を買うほうがいい。

経済的に余裕ができてから買っても遅くないのだし。

iPadminiを売ったことを後悔している

iPadproではなく、最新版のiPadminiを買えばよかった。

私にはiPadproは大きすぎる。

ローンが残っているので、売らないけれど、ローンが終わったら売るかもしれない。

買った時の値段では売れないけれど、少しのお金にはなる。

 

思い出

iPad Proよりは小さいので、外に持っていくことができた。

iPhoneで困ったことがあると、代わりにウェブを使って調べることもあった。

コミックスなんかは、iPhoneの画面よりは見やすかった。

なのに、お金に困って売ってしまった。

iPad Proのローンを払い終わるまでは、iPad miniを買うのはやめておこう。

やはり、小型の方が使いやすい。

iPad Proのローンを払い終わる頃には、iPad miniも今よりは進化しているだろう。

何台も持っていても使いこなせなければ意味がない。

一括払いで払うならいいのだけれど、ローンを利用するのならば、iPad Proのローンを払い終わった後の方がいいだろう。

ノートパソコンがあるのに、なぜiPad Proを買ったんだか。

OSとかアプリとかをアップデートしないといけないから、スマホもタブレットもパソコンも維持していくのが大変なのだ。

メンテナンスも必要だし。

それでも好きだから使っている。

iPad miniも5年くらい使っていたから。

本当は売りたくなかった。

でも売るしかなかった。

また新しいのを買えばいい、いつになるかわからないけれど、またいつか買えばいいのだ。

5年使った、iPad miniを売った

5年間使ったiPad miniを売った。

経済的に余裕ができたらまた新しいのを買えばいい。

それまでは、iPad Proを使うことにする。

大した金額にはならなかったけれど、0円ではなかった。

寂しいけれど仕方がない。

ゲームをやらなくなった

iPad miniは容量が少ないので、ゲームをやってもすぐに強制終了してしまう。

なので、キンドルアプリで本を読むことにしている。

主にコミックを。

アプリでない方のキンドルでは、主に「小説」を読むのだけれど、アプリの方は、主に「コミック」を読むことにしている。

ウェブサイトを見ることはできるのだけれど、特定のゲームをやると、すぐに強制終了してしまう。

あるいは、WiFiの電波が悪いので繋がりにくくなるとか。

一度、iPhoneの「テザリング」を使ってゲームをやってみたけれど、やはり強制終了した。

なので、Wi-Fiはあまり関係ないのかもしれない。

容量というかスペックの問題。

もう少しお金が貯まったら、新しいiPadを買おうかなとも思う。

けれどゲーム機がわりにするならあまり必要ないかもしれない。

iPad以外にもタブレットは持っているし。