横断歩道の渡り方

交差点で右折しようとしていたところ、直進車が途切れそうだったので、確認のために横断歩道を見た。
小学生が渡っていた。後ろから遅れて来た児童も止まらずに渡り始めた。
今日は交通死亡事故ゼロの日にもかかわらず、そこの横断歩道には大人がいなかった。
結局、右折のための矢印信号が出てから右折をした。
相手はまだ子どもなのだが、普段横断歩道を利用していて、一時停止をしていては、車が止まってくれないことを学んでしまったのかもしれない。
旗を持った大人が立っている日もあるが、今日はいなかった。
低学年の児童ばかりで、高学年の子はいなかった。
しかし車が止まるかどうかの確認は必要だ。
なぜなら渡り始めても平気で侵入して来る車がいるから。
違う横断歩道では自分の方が先に渡れるとばかりに渡ろうとした高校生の自転車の目の前を通った車がいた。
人も車も交差点や横断歩道では一時停止をする余裕が欲しい。
ここ最近事故が多発しているのは、余裕がないからではないかと思う。